2017年10月15日

Loud Park 17 その2 Apocalyptica

Loud Park 17(2017年10月15日(日)@さいたまスーパーアリーナ)
その1/その2/その3その4その5その6


本日のお目当その1、Apocalyptica。高みの見物。
え、あぽかりさんなのに、フロア混みすぎじゃねェ?
31E607FB-DF8A-436C-A8D4-BB28FB4FEF95.jpg


今日の演目はめたりかだけ。背景幕にも Play Metallica by four cellosと書いてある。めたりかのせい?

ボーカル無しのチェロだけ。会場歌います「マスター!マスター!」
おお、この盛り上がりか。

わたくし、めたりかはあまり知らないのです。ますたーとばってりーはわかりました。
あと、すごく聞き覚えがあると思ったらSabatonがカバーしている曲でした。>"For Whom The Bell Tolls" 

最初は4人並んで着席。4人めは旧メンバーのアンテロさん。この人、ライブの時はサポートで入るみたいだ。普段はクラシックの楽団でやってるはず。
最初2曲くらいドラム無し。

564743A8-A42D-4D4A-BA75-9EC096F8508E.jpg

中盤で長髪のふたりが立ち上がる。
扇風機ヘドバンしながらチェロ弾くってやっぱり凄いな。
後ろの人がスゲースゲー言ってました。あぽかりさん聞いたの初めてなんだろうな。
27599E3F-FEF3-4F80-98E3-19EB386C3BE6.jpg

MCはエイッカさん
無言で客を煽る役パーヴォさん
ヘイヘイを誘導するペルットゥさん。この人は寝転んだり弦を噛んだり、いろいろやっていた。

アンコール入りました!"Nothing Else Matter"
素晴しい。
この曲ではミッコさんはシンセドラムを叩いていたようです。

近々また来る、みたいなことを言ってましたが、是非、単独公演でお願いします。

その3
>>> setlist
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | Apocalyptica | 更新情報をチェックする

Loud Park 17 その1 オープニング

今年は1日だけ参加です、Loud Park 17(2017年10月15日(日)@さいたまスーパーアリーナ)
<その1/その2その3その4その5その6


…Nさん、早い、わたくしが家を出た頃にもう会場に着いている(*⁰▿⁰*)

雨天は開場待ちには辛い。まあ、土砂降りじゃないから良しとしよう。

初っ端のバンド、明るいまま開始。クリーン&デスボーカル。流行りなんですかね。> Cry Venom
中央寄り半分に人を入れてないのは何故?

4D54B928-4558-4B15-AE2C-B944A52F58CE.jpg

と思ったらVIPチケットの人のエリアだそうだ。VIPなのに端っこでいいのかな。ガラガラだし。

次、こちら側。当日になってもsecret なのに、フロアぎゅうぎゅう。
6A677368-1683-4F23-B2A9-7C49D3E1C26D.jpg

キタ、黒服、長髪、デス声。
Black なんとか。知らない…。
フロアにはサークルピットふたつ。前方にモッシュ、サーファー。有名なバンドなんだろう。
重低音、ギュンギュンギター、速い。

Black Earth だって。
ああ、アモット枠なのねん。
↓アモット兄弟揃い踏み
E52D0687-32A3-44F5-95BE-6B1A8189A97A.jpg

まだ午前中だというのに大盛り上がりでした。


その2
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

Battel Beast 2017年9月27日 赤坂Blitz

Battle Beast の2回目の単独公演を見てきた(2017年9月27日、赤坂Blitz)。来日はフェス含めて4回目。

ノーラさん、かっこえー!
わたくしもああいう声を出したい!!
堪能して参りました。

初めての赤坂。
オシャレっちい赤坂駅にわらわらと黒Tシャツが集まる様は、何かの宗教みたいで異様。
…わたくしもその構成員ですが。
で、開場後じゃないとブリッツのコインロッカーが使えないので、駅のコインロッカーを下見しに行ったら、そこにも黒Tシャツがわらわら。
いいか、ここで履き替えちゃえ。
いつものゴスロリ厚底靴装備。
開場待ちでNさんと合流。
…なんか年齢層高いですねー、老舗バンドじゃないのにねー。若者にはこの良さ(おもしろさ)がわからないのかねー。

で、例によってよい整理番号で先に入ったNさんの横に潜り込んで前から2列目。視界は大層よかったです、いつもありがとうございます。

前座がありましてね。
頭上に体育祭での手作りのようなバンド名の横断幕。
黒布で隠したBattle Beast の巨大ドラムセットの下にちんまりドラムセット。ツーバスにあらず。

出てきたのは、細っこいベースとギターボーカルと運動部なドラムのスリーピースバンド。
以前、Loud Park に出たらしいのだが、全く記憶にない。本人見ても記憶にない。
…そういえばオープニングアクトっていつもロビーをウロウロして見てなかったかも。

ギターは変形Vで、ボーカルは斜めになってギャーギャーいうだけ。ん? ちるぼどの真似?
いいもの食べてなさそうな上半身を晒すのは何故だ。誰の真似だ? < 真似と決めつけ
曲のほうは、ギャーギャーは置いといて、ギターだけなら嫌いじゃない。
ん? 途中でなんかコルピみたいな曲調に(^^;)
なにがしたいんだろう、この人たち。

最前列真ん中の人たちは猛烈に盛り上がってくれてた。
ええ、どう見てもBattle Beast のファンの人たちだったんですが。
まあ、曲調的にはアリのサウンドだったと思うので、「ライブは楽しむのさ」的なノリだったのかも。
ステージの煽りに素直に手を振り上げるオジサマオバサマ。オトナ。

MCのギャップ感が面白いと聞いたのだが、途中のおしゃべり無し怒涛の30分演奏。
最後に写真撮影を促す時にその片鱗が。 > 丁寧な言葉遣い

入れ替え待つこと約20分。
途中、セットリストを貼りにきたフードの人は、ベースで今、事実上のリーダー役の人だと思うぞ、相変わらずセルフな芬蘭メタラー。

開演。
キタ、肉の付いているハダカ。
Battle Beast のドラムの人は芬蘭人メタラーには珍しくちゃんと筋肉のついてる(芬蘭比)。でもSNSの様子なんかからは、セクシーというより小学生的露出過多の人である。

冒頭はお作法通り(?)最新アルバムの冒頭の曲。
盛り上がるフロア。

ノーラさん、U筒などで見るに、以前より締まったかなー、って思ってたんですが。

太腿、ボーン!
二の腕、バーン!

相変わらずの迫力でした( ´ ▽ ` )ノ
でも顔は締まったと思うのですよ。小顔メイク?
見るたびに締まってくるなーとは思っていたけど、さらに小顔になったかも。

彼女の力強い拳に煽られる会場。
自在なボーカルといい、なんてかっこいいんだろう。
ファンタジーというかイロモノぎりぎりというか、もう、スレンダーじゃなきゃヒロインじゃないなんて価値観、ぶっ飛ばしだな。
…ワンダーウーマンもこっち系だったら今風価値観に合ったかも、興行的にはともかく(^^;)

新譜の曲を立て続けにやって、中盤で黒忍者。あ、もうやっちゃうんだ。
「ニンジャー!」って叫ぶとこ、会場弱すぎ。音程的にかタイミング的に叫びにくいのかな。前半の「Bringer of Pain!」や後半の「Iron Hand!」のが叫べてた気がする、頑張れ、オーディエンス。

MCはほとんどベースの人で、早口で発音も独特で聞き取りづらかったけど、難しいことは言わなかったので大体わかった。
日本のビールにご満足だそうだ。
そう、「速い曲が聴きたいかー!」って言っといて、セットリストの次の曲がゆっくりめの"We Will Fight"とか、やらかしたり。
で「速い曲」の"Let It Roar"は♪Let It Roar〜!と叫ぶところもノーラさんがやってた。

Amorphis のTomiさんとのデュエット曲はやらないだろうと思ってたが、キーボードの人のボーカルでやった!
Tomi さんの真似はせず、淡々とボソボソ歌ってたな、ああいうのもありだな。

このキーボードの人、"Far From Heaven"のピアノもショルダーキーボードで弾いてて、スゲェ。あのフレーズ、あんなさらっと弾けちゃうものなんだ。

ノーラさんが「踊りたいかー」といってメンバー紹介。
抜けたアントン氏の後釜新人リードギターの人は「ヤング・ギター・プリンス」と言われていた。そうか、若いのか、ガイジンの年はわからねー。
まあ、もう一人のギターとベースの人は頭髪ヤバそうだし、キーボードの人はおっさん風味だったから、それに比べたら若いのだろう。
ドラムの人の時は「私のメイクは2時間かかるのに、あんたは素で、不公平! 」とかおっしゃってました。

そんなこんなで、ステージの上も下も愉しげで、楽しいライブでした。
盛り上がったのに、全く押されなかった。快適!
また来てちょーだいね。


>>>setlist
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | Finnish Metal | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

God Save The Queen 2017年9月20日 中野サンプラザ

完コピとはこのことかー!

Queen のトリビュートバンド、God Save the Queenを見てきた。(2017年9月20日、中野サンプラザ)
いやー、凄いものを見ました。歌マネ振りマネのバンドは山とあるけど、ここまではなかなか。
フレディーの人は、フレディーのステップを血肉にし、もう一歩一歩がフレディー。首の向きも腕の振り上げもフレディーそのもの。なおかつ高い歌唱力。
ブライアンの人もジョンの人も身のこなしがそっくり。そうそう、ジョンってこんな感じだったのよねー。
ブライアンのは人は歌の時の声のトーンも似ていた。ブライアンの声マネって難しいと思うぞ。
昨年、Queen のライブビデオをライブハウスで観るってのに参加したけど、もう、それの肉眼版って感じ。

曲は新旧取り混ぜてGreatest Hits なわけだが、本家がライブでやらないような曲も!
"Flick Of The Wrist" とか "You Take My Breath Away"(ピアノ弾き語り) とか!!
"Bohemian Rhapsody"も途中テープは使わず、生でやったぞー。
もちろん、フレディーのライブパフォーマンスにつきものの、観衆との♪レーロ♪合戦も。
日本向けということで"I Was Born To Love You"はやってくれたけど、「手をとりあって」はやってくれなかった。

みなさん、最初はライブキラーズの頃のコスチュームで、照明もそんな感じだったが、"One Vision" でフレディーの人は黄色いミリタリー上着に。
そのあと、昨年見た1986年ライブと同じイケてないノースリーブTシャツ。
更に脱いで胸毛!うわー、体もつくってるなー。どうして胸毛を似せられるのかなぁ。あと、頭髪の薄くなり加減まで、似せてるのか、そこは素なのか…。
アンコールで、王冠被って赤白のミリタリー上着になったり。
ジョンの人もそのライブビデオと同じ半ズボンに(^^;

近頃はトリビュートっていうけど、要はコピーバンド。コピーなのでいろいろな特徴が本家より強調されているのかもしれない。普通にQueenの曲を聴いていたときには気づかないところに気づかされた。
フレディーの声の一息の中でのエッジの立て方とか、拍子を取るときの膝の動かし方とか。
形態模写にどんだけ努力してるんだか。すごいなー、ここまできたら芸術だよなー。
基本的にアルバム「News Of The World」以降が好きな人向けのパフォーマンスだ。70年代のお耽美が好きな人には向かないと思うけど、「有名になってからのQueen」が好きな人には絶賛オススメだ。

あとで調べたら1998年からやっているアルゼンチンのバンドだった。
日本人は基本、傾聴。ガイコクのライブでは会場が大合唱になっている"Love Of My Life"も「歌え」って言われたところ以外は拝聴している。そのへん、ラテンのバンドだとノリに面食らったかもしれない。ノってないんじゃなくて、拝聴だからっ! あなたの歌が聞きたいのよ、演奏が聞きたいのよ、みんな集中してんのよっ!!

わたくしには、昨年のあだむらんばーと&くいーんのライブより感動的でした。また見たい。また来てくれないだろうか。そして「手を取り合って」もやってちょーだい。
友達に誘われるままにくっついていったのだが、いいもん見た、ありがとうー。

>>>画像など
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | 80年代 | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

雑多ネタ:映画ばかり、とか

7月のはっぴょうかいの録画を見て胸をなでおろしたねこまたぎです、こんばんわ。
その前の時のような無自覚音痴にはなっていなかったです。当日感じたような感じに仕上がってました。まあ、ベースでミスタッチしているところは音程が乱れているあたり、もうひと頑張りだな。

出張中に蜘蛛男と不思議女子と変身機械を見てきました。
都会に泊まったからねぇ、レイトショウ見放題だよん。

で、三連休初日は黒澤明の「天国と地獄」ってやつをスクリーンで見たよん。
さらに、自宅TVで自動録画されていた「ジュラシック・パーク」と「ジュラシック・ワールド」を見たよん。
ジュラシック・パークって、結構なホラー映画だったんですねん。

…先々週は同じく自動録画されていた「ジュラシック・レイク」っての見たんだけど、こいつは怪獣映画でした(^^;

と、9月は何故か映画三昧。
映画の感想はfilmarksってところにちみちみ書いているのですが、ちゃんと書こうと思うと時間がかっかってしまい、なぐり書きできるやつだけ先に投稿ってことになっちゃってます。
…下書きが7件くらいたまっている。

これからはライブ三昧といきたい。
明日はQueenのトリビュートバンド、
来週はBattle Beast
10月はLoud Park (1日だけ)
11月はRhapsody Reunion(全部)

体調万全で臨みたいです!
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | よもやま話 | 更新情報をチェックする