2018年04月16日

Amon Amarth & Sabaton 2018年3月29日@EX Theater 六本木

正式ツアー名は「Sabaton Japan Tour 2018 Supported by World Of Tanks - Support Act Amon Amarth」だ。
Sabatonの日本初単独公演は、戦車ゲームがスポンサーってことらしい。
一緒に来るのがAmon Amarthという、豪華瑞典戦メタル祭りだ。
日本公演ではSabatonがメインでAmon Amarthがサポートだが、他の公演では立場が逆のこともあるという互角な両者。欧州公演では、戦車に小芝居付きのSabaton・ヴァイキング船にチャンバラ付きのAmon Amarthと、似ているといえば似ている、けど世界観は違う。ねこまたぎはどっちも好きだが、ファン層はそんなに被らないのではないかと。

公演会場は広めのEXシアター六本木とかZepp Tokyoとか「これは戦車とヴァイキング船、来る!?」と期待したけど、来なかった。残念。Loud Parkでは戦車、持ってきたのになぁ。

さて、当日は仕事を休んでいたのだが、入場整理番号400番台だしと気合が入らず昼寝してて、1時間間違えて出遅れた!
EXシアターは初めてなので場所知らない。普段は迷子時間をとって余裕で出かけるのだが、もう十分出遅れていて迷っている暇などない!
あ、Sabaton バックプリントのにいさんが走っていく。こっちだ。おっと、兄さんを見失った。
あ、国旗バックプリントの姐さんが歩いてる、雪国迷彩パンツの人が歩いてる。間違いない、こっちだ。
あ、姐さんだけ曲がった、そこにコインロッカー。とりあえずそこで厚底ブーツに履き替えた。

すでに、500番台入場開始。あわてて入場した。物販には長い列ができていた。うわ、地下3階まで列!
いつものように先に会場に入ったNさんの横につく。今回は中段の柵のところ。
物販列の人たちはSabatonファンでAmon Amarth見る気ないんだろー、とか話しながら開演を待つ。

広い舞台。アンプ類も見えない。背後には"Jomsviking"のジャケット画。
せっかく広いのになー、チャンバラやればいいのにー。

ほぼ時間通りに開演。
ぅおーーー! トールのハンマー掲げたやつが(^^;)
…没収されるかと思ったけど、そういうこともなく。
ドラムが新しい人だ。濃い!マーマン(Justice League)かと思った。最初から上半身裸だ。

2曲目、"First Kill"でモッシュ
3曲目、"Twilight Of The Thundergod"でサーファー
ああ、前にいかなくてよかった。
それでも、なんか会場の温度が低い気がする。いつも前にへばりついて見ているから気づかないだけなのか、単独公演の時より信者が少ないのか…。
ちなみに、わたくしの前にいたおにいさんはAmon Amarthの間中、ビクともしなかった。Sabatonの時は少し反応したが、ライブなのに何しにきたんだろーとか思った。中段以降にいる人はそういうものなのかも。
そんな低温の人たちを無視して我もデス声で叫ぶ Twilight! Of the Thun-der-goooood!!

弦楽隊、高速トレモロしながら扇風機ヘドバン。
ボーカルのヨハン氏の「ありがとうございます」の発音がすばらしい。腰につけた角杯ベルト、わたくしもほしい!
そして、巨大なトールのハンマーを振りかざす。
会場にもハンマーや角杯を掲げる人、複数。

中盤、Jomsvikingだった幕が落ちて赤い!スルトだ、"Surtur Rising”のジャケット画だ。
だがしかし、次の曲は"Deciever Of The God"だった。あれ?
(あとでセットリストみたら、落ちる前の曲が"Surtur Rising"収録の"War Of The Gods"だった。)

角杯でカンパイして "Raise Your Horn"
最後は"Guardians Of Asgard"
40分
アンコール無し
ああ、おわっちゃった。もっと、もっとやってほしいー。

ドラムセット交換
幕をおろす
幕間、ずっと赤いライト
BGMは「300」のサントラだったらしい。

イキナリ、プロジェクターで戦車ゲームのコマーシャル。Loud Parkの時も流れたね。
このあとも去年のLoud Parkの時のように、背景にずっと映像が流れる演出だった。

さあ、Sabatonだ。初単独公演ということもあり、Sabatonファンのが多い感じ。
おそらくいつもの一曲目でスタート。
おっと、ボーカルのヨアキム氏、動きがおもしろすぎる。やばいわー。たのしいわー。
…おそらく当人は「おもしろいことをしている」という意識はないと思われるところが、おもしろみを醸し出す感じ。
これは盛り上がるわ〜。
ヨアキム氏、初のヘッドライナー公演ということがすごくうれしいらしく、何度も口にする。
Loud Parkの時に覚えた「バカ」コントを若いギタリストと繰り広げる。
「英語バージョンとスウェーデン語バージョンと、どっち聞きたい?」という問いに、会場は圧倒的に「スウェーデン語」推し。胸熱になるメンバー。

Sabatonはいろいろな国の「戦い」をテーマにした曲をやっているわけだが、スコットランドが題材の曲でスコットランドの旗を広げて肩車されていた少年(に見えた)がいたぞ。
なんの曲だったか忘れたが、モッシュも、普通のモッシュじゃなくてみんなで肩組んでるモッシュとかあった(^^;
フロアも楽しげだ。
日本を題材にしている"Shiroyama"も盛り上がった。
歌詞の断片がプロジェクションされる曲もあり、会場も歌詞を叫ぶよ。

Sabatonの出番は90分くらい。ああ、おもしろかった。
終演後も物販には長い列ができていた。どんだけみんな買い物(^^;

あとで探ってみたところ、この日のAmon Amarthでも噂の「舟こぎ」がフロアで起きていたらしい。見えなかったというか気づかなかったというか。
公演後のAmon Amarth JPのTweetが数日に渡って熱くて笑えた。リツートされてくるやつも熱くてね。いや、ねこまたぎも同感だけどね。是非、フルセット公演やってほしいわーーー。

>>>setlist
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

瑞典祭り準備中、とか

明日いよいよAmon Amarth & Sabatonのライブです。
角杯とか船こぎとか戦車こないとか、いろいろ渦巻いていて、400番台という整理番号が呪わしいです、見えるのかなぁ。
物販は16時半から1時間だそうです。ど、どうしよう。もう引き出しがいっぱいんなんだよ、メタルTシャツ…。 > 恐竜Tシャツとは別にしまってあるけどすでに満杯
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

ゴミネタ:めたぼ警報、とか

4月1日は映画館に行こうかな、何見ようかな♪ と思っていたのに勢いで断食リゾート行きを予約してしまったねこまたぎです、こんばんわ。
…産業医からメタボ・レッドカードが来ましてね。主治医がいいというまで長時間労働禁止だそうです。 > してないけど
で、問題は「主治医」。そんなのいないし。人間ドックが「要診療」になっていたので、以前、内科医に行ってみたのですが、せいかつしゅうかんびょうなので、せいかつを正さないとどうにもならないわけで、医者が何をしてくれるわけでもなく(説教してくれるだけ)、通っても無駄だと行かなかったら、いつのまにかその病院潰れてて…。
何度か受けた栄養指導も役に立っていないので、断食のとこにいって、食事の減らし方を学習してこようと思いまーす。 > リゾートしたいだけともいう
まあでも、3月、4月、5月、6月と、毎月スタンディングライブがあるので、少しはましになるのではないかと。
次の人間ドックは、6月のAmorphis公演が終わったら行こうと思いまーす。
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | よもやま話 | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

雑多ネタ:怪しすぎる記憶、とか

勢い余って、マーベル過去作を見まくっているねこまたぎです、こんばんわ。
1日映画2本とか、だんだん混乱するねっ。結構忘れている場面とかエピソードあってですね、
キャプテンアメリカの1作目なんて、バッキーが一緒に活動してたなんてすっかり忘れてたよ…。
でも「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」はあまり忘れてなかった。なんでかな、これって複数回見たかな。 < ほら、忘れてる(^^;

ライブに備えてポチったCDとか、2月の新譜とかいろいろ聞いているのですが、このところ自分のツボなのはBeast In Black。わかりやすいよ(^^;
Angraの新譜はいまいちなのです。あまりクサくないからかもしれないです。
Hibriaの新譜もいまいち心に残りません。まあ、一時期「全部同じに聞こえる」と思っていたバンドなので、そんなものかも。聞き直すと一番好きなアルバムは"Silent Revage"だったりします。"The Skull Collectors"もいいけどね。

Kamelotの11月の来日公演のチケット、なぜか大阪だけ先に発売のようです。東京公演の発売は1ヶ月後だよ。なぜ? 東京のが1日早く演るのに。
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | よもやま話 | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

マーベルな指輪仲間

音楽関係ないんですが…。

土曜にBlack Panther見てきました、映画の。
いろいろジャカジャカしておもしろかったんですが、結局内政問題=内輪揉めというマーベル作品によくあるパターン(?)でして…。
まあ、予告編でもそうかなとは思ったんですが。これ以上は言わないでおきましょう。

で、マーベル作品にやたらと出てくる指輪の仲間が気になったので、列挙してみました。
エルロンド卿(ヒューゴ・ウィービング)→レッドスカル@ヒドラ
アルウェン(リヴ・タイラー)→エリザベス・ロス(Incredible Hulk)
ガラドリエル様(ケイト・ブランシェット)→ヘラ@アスガルド
エオメル(カール・アーバン)→スカージ@アスガルド
ゴラム(アンディー・サーキス)→ユリシーズ・クロウ

ビルボ(マーティン・フリーマン)→ロス捜査官
トーリン(リチャード・アーミティッジ)→ハインツ・クルーガー@ヒドラ
スランドゥイル(リー・ペイス)→ロナン@クリー
タウリエル(エヴァンジェリン・リリー)→ホープ(Amtman)
スマウグ(ベネディクト・カンバーバッチ)→ドクター・ストレンジ

あと、このシリーズじゃないけど、
ガンダルフ(イアン・マッケラン)→マグニート

アクション&ファンタジーでの存在感ってなると、こうなってしまうのでしょうか…。
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | よもやま話 | 更新情報をチェックする