2008年07月23日

Soulspellについてだらだら語る その1

Heleno Vale's Soulspell Metal Opera A Legacy Of Honor
ええと、エレノ・ヴァーリさんのソウルスペルというメタルオペラ・プロジェクトの「栄誉の遺産」というアルバム、という意味でよいと思う。

首謀者でほとんどの曲を書いているドラマーのHeleno ValeとプロデューサーでベーシストのTito Falaschiと主人公役でシンガーのLeandro Caçoiloを中心とした伯剌西爾のプロジェクトだ。
詳しい経緯などはキャプテン和田の筆なるライナーノーツに載っているので、知りたい人は日本盤CDを買うように。
あ、日本でのレーベルのサイトにも詳しく載っていた。
spiritual beast SOULSPELL METAL OPERA(日本語)


さて、まずはこのエレノさんなるお方だが、若い!
ってのはおいといって、ScarecrowっていうAvantasiaのカバーバンド(かっこよくいうとトリビュート・バンドだそうだ)をやってた人らしい。
これね↓

"Reach Out For The Light"(Avantasia) by Scarecrow (2008年、at São Paulo)


楽しそうだなぁ~。
あれ? このバンドって"The Scarecrow"発売前から案山子なのだろうか、それとも最近この名前で出てるんだろうか…。
ま、いいや。とりあえずこの↑ビデオではエレノさんは確認できない。ドラマー映ってないもん(^^;

で、こちら↓はSoulspellのメイキングビデオ。
コメントに「A special bonus for fans from Japan...」って書いてあるんだけど字幕がついてないので日本人はわからないって(^^;



ドラムを叩いているのがエレノさんだ。

で、プロデューサーのティトくんはどうしてもAngraのエドゥくんの弟と紹介されちゃうわけだが、エドゥくんより老けてる気がするのは気のせい? > 5歳年下のはずなのに(^^;
前に紹介したハイトーン雄叫び(過去記事:兄弟ツインボーカルはすごいかも)は"Alexandria"の最後の部分だと思う。そう、ティトくんも天使役でボーカル参加しているのだ。そしてベースも弾いている。プロデューサー大忙し。

しかし、メイキングって興味のある人が登場してないと楽しめないな(^^;
とりあえずHangarのボーカルさんの怪しいニホンゴが聞けるぞ。彼はこの作品では悪役なのだ。

あー、内容については その2に 続く。

posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

Soulspellについてだらだら語る その2

伯剌西爾のメタルオペラ、Heleno Vale's Soulspell Metal Opera "A Legacy Of Honor"について。(その1はこちら

これ、お話はまたもや基督教系インナースペースみたいだ。
主人公のトビト(Leandro Caçoilo)は大学生の兄ちゃん。ええと、法律を学んでいるという設定だったかな。フラッシュバックのように幻覚を見るので悩んでいる。カノジョにそのことを打ち明けようとしてると、ガヒョ~~ン、どういうことだかわからないが異世界に吹き飛ばされたようだ。 > ちょっとB級ハリウッド映画的展開
そこに天使(Tito Falaschi)がやってきて、あんたの前世はかくかくとしかじかと始まるのだった。

序曲:The Gathering
インストの前奏曲。クサメタルの常套手段。
前世その1:Age Of Silence
メタルオペラらしく疾走して始まる。
舞台はエジプトらしい。主人公はファラオだ。絶頂期の王らしいのでラムセス2世なのかな。
Hibriaのボーカリストはここにだけ登場する。エジプトの神様Amon役だ。トビトの親友エルメス(Christian Passos)と悪の王子サマエル(Nando Fernandes)は時を越えて度々登場する。
で、悪の王子が敵の王になってて戦うんだって。

前世その2:Troy
トロイでは兵士みたいだ。
アキレス(Renato Tribuzy)はここだけに登場する。カノジョであるジュディス(Daisa Munhoz)は度々登場する。
で、ここでは兄弟という設定のエルメスがギリシャのジュディスに惚れちゃって戦争になるって、ええと、ジュディスがヘレンですかい。ってことはトビトはヘクトルですかい。

前世その3:Alexandria
♪紀元前300年、マケドニアに生まれ、知られざる東方世界にその名を轟かせ…♪
って歴史のお勉強ですか(^^;
曲としてはちょっとイモいが天使ティトくんが歌っている部分としては一番長い。そして最後に雄叫んでいる。
アレキサンダーの側近で魔術師のHaamiah(Maurício Del Bianco)登場。この人、あとでもちらっとでてくる。

前世その4:Milvian Bridge
ミルビアン橋の戦いって、ローマが基督教を公認するきっかけになった逸話だそうだ < 調べた
既聴感溢れるバラード。カトレイさんが歌ってても何の疑問もない感じ。 < こら
主人公ボーカルべたべた。好きです、こういうの。
Hangarを聞いても「別に」だったのだが、ナンドさん、ずっぽり悪の王子だよ、お似合いだよ。気に入ったよ。げらげら。
後半、悪の王子の歌唱部分、バックの演奏が歌唱に負けてます(^^;
他の曲もそうなのだが、ギターはジャカジャカだけどキーボードのオーケストラレーションが薄い気がする。ライブでやることを考慮したつくりなのだろうか?

前世その5:The Blacksmith
いまいちぱっとしない曲。
今度は十字軍の鍛冶屋だそうだ。それでもって、エルサレムの王が亡くなってしまったので街の防衛の指揮をとるって…、「キングダム・オブ・ヘブン」ですか?(^^:
そしていつも敵は悪の王子の化身だったりする。

前世その6:The Impaler
なんか半端におしゃれっちくにしようとしたけど結局メタル、みたいな曲。
なんかルーマニアのドラキュラがどうしたこうしたって。ああ、串刺し公の歌ね。
精霊Hobb(Bruno Maia)ってのが出てくる。この人もあとでちらちらとでてくる。

前世その7:A Little Too Far
ミドルテンポのくっさい曲。
大航海時代に新大陸を目指す冒険家、みたいだ。
ダイサ嬢が歌っている部分が一番長くある曲。メタルというよりハードロック歌唱である。まずまずかっこいい。

前世その8:Army Of Just One Mind
かなり力んでいる歌。
独逸軍の兵士らしい。ってことはナチス側なわけだが、なんかあまりよくわからず戦っているらしい。
そして悪の王子が誘惑しているらしい…。

と、ここまでが前世の歌。まあいいけど、ドラキュラの前世がアレキサンダー大王でそのまた前世がラムセスって(^^;

ということで、トビトは自分がすんごい運命を背負ってきた特別な存在と知るのだった。
そして現世では…。 > その3 に続く

posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

Soulspellについてだらだら語る その3

伯剌西爾のメタルオペラ、Heleno Vale's Soulspell Metal Opera "A Legacy Of Honor"について。(その2はこちら

さて、現世に戻って来たトビトくん、ここで悪の王子との心の戦いです。 < ?
現世その1:Soulspell
タイトルトラックなのだが、そのわりにはインパクトないかも。
この魂の力で世界を変えられるのにとか思ってるらしいのだが…。

カノジョは「待つわ」。だけど、Avantasiaの義妹みたいにはかなげではなく、なんか力強い。映画「300」のレオニダス王の妃が「待つわ」な感じ。

現世その2:Weight Of Evil
疾走曲。
悪の王子がそっち側に引き込もうと誘惑しにきたらしい。
が、踏みとどまるのだ。
High Lord(Mário Linhares)というのがこの曲と前の曲に登場するのだが、これ、日本語訳が「天なる主」って書いてある。神様?キリスト様?それとももっと違う存在?
歌詞を見る限り、こいつ、抽象的なことしか言ってない。いまいち正体不明。

前世その3:Eternal Skies
世界の美しさを歌った歌のはずだが、メロディーが今一歩クサくなりきれていない。 < ちょ
なのでちょっとつまんない。

現世その4:The Last Life
さあ、ドラマチックにクライマックスです。長いよ、9分あるよ!
で、トビトくん、「もうこれまでにして解脱するか、もう一度人生を生きるか」という選択をしなければならなかった模様。
それでなんだっけ、いまいちよくわからないのだが、悪の王子との魂の戦いはどうなったんだっけな、とりあえず逃れたらしいが…。
そしてカノジョとラブラブに暮らして、めくるめく前世も魂の力も悪の王子も忘れて、幸せいっぱいで息子ができたって…。

あの、世界を変えるんじゃなかったんですか?

悪の王子は滅んだわけではなく、また来るからなっていってるらしい。

と、現世になってからいまいちナニがしたかったのかわからないのだが、多分、"The Scarecrow"のTwisted Mind的苦悩を描きたかったんじゃないかと(^^;
日本盤には最後にボーナストラックとして"Eternal Skies"のデモバージョンが入っている。 < ちょっとヘタクソ…

そんでもって、これ、3部作の1作目なんだそうだ。
2作目はおおかた出来ているとのこと。
本作がちゃんと売れればレコーディングGOになるっぽい。
…あまり売れるとは思えないんですが(^^;

どう続くんだろうか。また転生するんだろうか、それとも息子の代の話になるんだろうか。


posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

次が出るのかSoulspell

久しぶりにSoulspell Metal Operaを聴いた。
やっぱ、べたべたはいいなぁ。
次が出ないのかと公式サイトを見てみたら…。
ちょ、第2幕に向けてのオーディションをやっていたの?
自動翻訳拾い読みなので自信がないのだが、"CANTE NO SOULSPELL Act.II"の決勝戦とある。年末から今年の1月にかけてなんかやってたらしい。
そして2月に"A Legacy Of Honuor"のメンバーでライブをやってたみたい。
U筒に映像が落ちていた。コンテスト参加者がその時にお披露目公演したのかな。

RAPHAEL DANTAS - CONCURSO CANTE NO SOULSPELL METAL OPERA ACT. II(2009年2月8日 at Manifesto Rock Bar in São Paulo)


Kamelotの"Forever"を悪役風味で歌っている(^^;;;
2曲目はSoulspellの曲だけど。

もうひとり。
ROBERT FISH - CONCURSO CANTE NO SOULSPELL METAL OPERA ACT II
…何故か、Rhapsody of Fireの"Dawn Of Victory"を歌っている(^^;

あ、「NANDO FERNANDES (ex-Hangar)」ってなってる。フェルナンデスさん、Hangarやめちゃったの?
…Hangerの公式サイトを見に行ってみた。この1月にやめる宣言したらしい…。あちゃー。

で、ニュースを辿っていったら夏頃にSoulspellのビデオが出るっていうのがあったぞ。あれ? 知らないぞ。
日本ではSpiritual Beastと契約したっぽいんだけど、レコード会社のサイトには何も載ってないしなぁ。
どうしたんだろう。
U筒のSoulspellのチャンネルにそれっぽいものが載ってないから作らなかったのかなぁ。

"Alexandria"のカラオケデータがダウンロードできるようになっていた。
してみた。
げらげら、ガイドメロディー無しだがそのまんまカラオケだ。練習してみよう。げらげら。
タグ:Soulspell
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

Soulspell2作目、着々レコーディング中らしい

アルバムのカバーアートが5月ころに発表になったものの音沙汰ないSoulspell、Twitterでちょっとだけ動きがあった。(SOULSPELL on Twitter)
ぱらぱらと「この人が参加」というニュースが出ている。
歌い手が15人ってほんとか?
今年中には制作が終わるっていってるのかな。

と思ったら、9月ころにはレコーディングセッションの動画がばんばんでていたようだ。
http://www.youtube.com/user/soulspellmetalopera

伯剌西爾っぽいベタベタボーカル満載だ。楽しみだ。
ええと、1作目に出ていた主人公(Leandro Caçoile)また出てくるんですね。

Soulspell Metal Operaの2枚目は"The Labyrinth of Truth"。
タグ:Soulspell
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

ご新規開拓未遂

lastfmで一言メッセージをくれた人のところを見に行ったら相性抜群だった。
けど、だからといって何かいうことがあるわけでもなく…。

で、その人が良く聞くバンドでmindflowというのを調べてみた。
伯剌西爾のプログレメタルバンドだった。
わりと若手なのかな。 > デビューアルバムが2004年
…日本盤、売ってないな(^^;

myspaceで試聴してみた。
惜しい。ボーカルが好みじゃない。
聞けないサウンドじゃないけど、やっぱねこまたぎにはボーカルが…。
デスじゃないけど、ええと、スラッシュ?
なんか、こう、もう、一押し。
このサウンドでボーカルがShamanの人とかSoulspellの主人公とかだったらいいのに。 > すみませんねぇ、趣味の問題ですゆえ…
タグ:mindflow
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

CD紹介 "Immortal" by Shaman

Angraを抜けたAndré Matosが始めたブラジルのメタルバンドShaman、途中で商標の問題から表記が「Shaaman」になって、それが何故だか「Shaman」に戻って、マトスさんがメンバーを引き連れて抜けてしまったあと、残されたRicardo Confessoriがメンバーかき集めて立て直した1作目、Shamanとしては3作目の"Immortal"(2007)。
実は前2作も聞いてはいたんだが、あまりおもしろいと思わなくて、残ったのはドラマーだし、マトスさんもいなくなったShamanなんて終わったも同然とか思って聞いてなかったんだけど…。
たまたま安売りセールがあって他に買うもの無かったから買ってみたら、

すっごく、好みなんですけど、これ。

ごめんなさいごめんなさい、侮ってごめんなさい。
誰がどういおうと、ねこまたぎはべたべたメタルが好きです。エキゾチックも好きです。
そして、なにより七変化なボーカルが好きです!
"Immortal"はこの3拍子がそろっているのですよ。

ボーカルのThiago Bianchi、1曲の間で声色が変わる。
3曲目の"Tribal By Blood"では、普通にパワフルなボーカルだと思っていたらサビでキシャーーーーーーっと悪役声で絶叫!
4曲目の"Immortal"ではささやき系濁声からマトスばりのハイトーンまでいくし、
5曲目の"One Life"はソフトな声で萌え萌えに始まってこのままクリアなハイトーンでいくのかと思ったら最後の最後にキシャーーーーーーッ!

ハート、鷲掴まれました。

なので、なるべくメンバー画像は見ないようにしてます。 < え?
まあ、なによりもボーカルがツボなわけだが、曲もかなり好きなのだ。
ちょっとエドゥくん的なパワーバラード"In The Dark"も好きだ。
だけど、最後の"The Yellow Brick Road"の延々と続くピヨピヨは何?

クレジットを見るとメンバー全員、いろいろな組み合わせで曲作りに参加しているようだ。
お頭のリカルドさんがAngraに復帰しちゃったけど、次はあるのかなぁ。
ボーカルのThiagoさんはラファエルさんのソロのお手伝いもしてたし、ギターのLeoさんはフェリペさんと一緒にワークショップとかやってたし、仲良しっぽいので、両立するかな…。



>>>クレジットなど
posted by ねこまたぎ | Comment(3) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

小ネタ:情報も日本先行、とか

轟音公園「Tシャツ付きチケット」というのを売るそうだ。
ぴあとe+のみと書いてある。
…興行元先行で買う意味は?(^^;
せっかく好きなバンドが来るんだから今年はTシャツ買おうかな。でもまだ1日なのか2日間なのかが決まらない。一般発売までににプログラムの発表は終わるんだよね? > 8月か9月に追加の人っていたような気もするが

で、まだAngra Officialでアナウンスがない。さっき、フェリペさんがつぶやいてただけ。

Angraの新譜のタイトル"AQUA"って、日本発売元のサイトに載った。
密林では「タイトル未定」のまま予約が始まっている。8月11日発売だ。
けどまだAngra公式サイトに出てない。何故~?
…なんか葡萄牙語ページのほう、故障中みたいだし(^^;

Hibriaは後任ベーシストが決まったそうだ。(SPIRITUAL-BEAST: News 2010.6.1.(日本語))
オーディションで選んだみたいなので、きっとバリバリのスーパーベーシストなんじゃないかな。
前任マルコさんは6弦ベースだったけど、今度のベニュールさんもそうなのかな。
…1997年からベース弾き始めたってあるけど、ねこまたぎもそんくらいからですが何か(;゚∀゚)
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

KURENAIってなんですかーーーー!

アニソンかと思ったらえっくすじゃぱんの曲だそうだ。

Shamanの新譜"Orgins"のボーナストラックに日本語の歌が入っていた。

Thiagoさん、ニホンゴ、うま過ぎ!

外出中に聞いたので、「なんじゃこりゃー!」なってて、帰宅してライナーみたらえっくすだと書いてあった。
ああ、びっくりした。

…昨日と今日のセッションの話はまたいずれ。 > 電池がきれたようです

タグ:Shaman
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

SoulSpell第2幕発売

ちょ、油断してたらSoulSpellの新譜の日本盤発売が先週公式発表されていた。
日本発売元SPIRITUAL BEASTの情報
8月25日って、来週じゃん! > 密林よ、どうしてこれをオススメしない!?
しかも日本先行発売。本国伯剌西爾も欧州も発売日未定。ちょ、伯剌西爾のメタルバンドってどーしてそーなんですか!?

SoulSpellは伯剌西爾版メタルオペラである。AvantasiaフリークでドラマーのHeleno Vale氏が全曲書いている。1作目"A Legacy Of Honor"は曲の完成度はAvantasiaには及ばないが、かなーーーりおもしろかったのである。2作目"The Labyrinth Of Truths"も期待しちゃうわけである。

で、SoulSpellのサイトではニュースになってなかったけど、前回参加のユーリくん(Hibria)もフェルナンデスさん(元Hanger)も参加しているそうだ。
ユーリくん・エドゥくんは1曲、フェルナンデスさん・前作の主人公の人は3曲、本家Avantasiaにも参加してたJon Oliva氏も1曲。

今回は、前作の主人公の息子が主人公らしい。一番出てくるMáario Pastoreって人かな。
登場人物多すぎてごちゃごちゃしそうだけど楽しみだ。


タグ:Soulspell
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

SoulSpell第2幕の第1印象

SoulSpell Metal Operaの第2幕"The Labyrith Of Truths"、CDをゲットした。
まずはライナーや歌詞やキャスト詳細を見ずに聞いてみた。
  • 派手になりましたね。
  • 悪役、多くないか?
  • みんな、頑張りすぎだ(^^;
  • 主人公がどれだかわからない(^^;;
  • 相変わらず「いい調子だ」と思ってたら突然ダサくなる楽曲(^^;;;

いや、前回より曲のクオリティは上がっていると思います。
思いますよ、まだ1回ちょいしか聞いてないけど。
本家Avantasiaは大曲以外は基本的には1つの曲のメインはひとりで、それにサメットさんが絡む感じで歌われるけど、なんか今回のSoulSpellはどの曲もよってたかってという感じ(詳細にみると違うかもしれないけど)。

ヒロインは前回と同じ人なのかな。(まだちゃんとキャスト見てないんで)
…そしたらママじゃないか? いいのか、役柄上薹の立った美女だけで。 < ちょ
ユーリくんの声だけ判別できる。
前回の出た人は今回も同じ役のはずだから…、なぜ迷路にエジプト?
あっちでいう「迷宮」ってこっちでいう「お化け屋敷」みたいなものなのだろうか。 < をぃ
ま、いいか。それはあとでライナー読んでからだ。

とりあえず、オモシロイから買ってください。
特にAvantasiaの1枚目、2枚目あたりのどたばた加減が好きだった人にはオススメ。


タグ:Soulspell
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

見るより聞いていた方がいい、とか

Shamanの最新作"Origins"から2曲がTV iGというサイトに出ていた。
ええとこれ、プロモーションビデオというわけではなくて、スタジオライブっぽいんですが。
コーラスやギターの音が薄いので、CD口パクではないと思う。
演奏場面のみ。パーカッションの人が加わっている。客はいない模様。
あれ、でもベースとギター持ち替えてる?

"Inferno Veil" by Shaman









もう1曲、"Finally Home"という曲も出ている。
まあ、その見ておもしろいかというと微妙なんだが…。
もう寒くなったし多少暑苦しくてもいいでしょう。 < ちょ

タグ:Shaman
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

SoulSpellのコンテスト課題曲なのか?

ちょ、なんですかこれ、このSoulSpellの第2回コンテストの課題曲?
このカラオケで歌えと?

CONCURSO SOULSPELL 2011 - AMON'S PYRAMID OF CREATIONS


"Amon's Pyramid Of Creations"とう曲は既出の2枚のアルバムには収録されていないので、次のアルバムに入れる予定の曲なのかな。
しかし、それじゃ、どうやって元歌を(^^;

で、すでにこの曲を歌っている人たちがいる。
うまいんだかうまくないんだかわからないにいさんとか大音量はイケるけど抑えて歌うところがいまいちなにいさんとか、やっぱり雄叫びにはある程度の“腹”が必要なのか、な、にいさんとか…。

SoulSpellのオフィシャルサイトのコンテスト応募要領を英訳して必死に解読してみたのだが、「ライブやってるところをYouTubeにあげてリンクを教えろ」としか書いてない。
この知らない曲は二次なのか?
「segundo=second」が「第2回」なのか「二次」なのかわからない…。
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

PV寸評 "In The Dark" by Shaman

伯剌西爾のメタルバンドShaman、YouTubeにオフィシャルチャンネルを開設した。
この曲は2007年に出したアルバム"Immortal"からのもの。

"In The Dark" by Shaman


Thiagoさんがジャック・ブラックに見える件…。

あの、とても綺麗な曲なんですけどね(^^;
演奏風景だけのビデオだ。
特に芸はないです。
いい曲だから聞いてください。
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

PV寸評 "Finally Home" by Shaman

Shamanのアルバム"Origins"からのPV。

"Finally Home" by Shaman


ああ、出だしの音はカリンバだったのねん。
演奏風景プラスいろんな民族の人。
…そういう内容の歌だっけ?

Thiagoさんが妙な形のマイクを使っている。
リカルドさんはかっこよく映っている。
ギターの人に比べてベースの人、目立たな過ぎ(^^;
キーボードとパーカッションは客演の人なのかな。

"Origins"ではこれじゃない曲のが好きなんだけどな…。
なんでこの曲なんだろうか。
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

雑多ネタ:気合いの入り方、とか

一日中、いたちとごろごろしていたねこまたぎです、こんばんわ。
…このところカラオケにいこうと思っても起きられず、行ったら行ったでとフリータイムがもったいないと5、6時間居座ってしまうので、他になにもできず…。
って、結局家にいても寝ているからなにもしてないんですけど(^^;

SoulSpellの第二回ボーカルコンテスト(?)、決勝戦の動画がアップされた…みたいだったのだが、消えていた。ええと、まだだったの?
で、なんかRock In RIOに出場するための投票をしてくれといっているようだ。
…葡萄牙語がよくわからん。
なんかレコーディング中といっているような気もするし、いろいろわからん。
…公式サイトのニュースが古くてねぇ。つぶやきが断片的過ぎてねぇ。

Angraがちゃんと活動しているのかよくわからない。
リカルドさんはShamanで忙しいみたいだし、
キコさんは相変わらずあっちこっちいってるみたいだし、
エドゥくんはAlmahのレコーディングに入ったし、
ラファエルさんはBittencourt Projectでライブあるらしいし。
一応、毎月1本くらい、南米でAngraのライブの予定が入っているけどねぇ、単発だしねぇ、なんかウルグアイ公演が契約の関係で没になったっぽいしねぇ…。
…ニュースに気合いが感じられないのだ。ちょっと、どうなのかなと。
Angraとして頑張ってほしいなぁ。

Hibriaは4月のオジー・オズボーンの伯剌西爾公演でサポートをやってたみたいで、参加できることを非常に喜んでいた。
そして、今週は上海→ソウル→大阪→名古屋→東京だよ!
待ってるよー。
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

混ざっていいのか

ひー! ShamanとAlmahとNando FernandesとHangerが出るイベント!
いいのか、そんなのありなのか!

って、facebookにHibriaがポスターが上げただけなので、登録している人じゃないと見えないかな。他にHibriaとWizards(←知らない)が出演。
pelo 13/11 dia do heavy metal nacional
11月13日のイベントのようだ。
タグ:Almah Shaman
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

PV寸評 "Ego (Part 1 & 2)" by Shaman

アルバム"Orgins"(2010)からの2本めのPV。

"Ego (Part 1 & 2)" by Shaman


ライブの場面中心に編集されているやつ。
…Shamanって全員暑苦しいな(^^;
あれ、ベースってこの人だっけ?  < こら
ギターの人はヌンチャクが得意らしい。
Thiagoさん、たまにさわやかな笑顔になることもあるようだ。 < ちょ

曲は、好きな曲なのです、1つめのPVのFinally Homeより。
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

SoulSpellがテレビにでたようだ

3枚目もアルバム出す気満々らしいSoulSpell、地元のテレビに出たみたいだ。
テレビという名のインターネット放送なのかもしれないが。

まず2ndアルバムのタイトルトラックのこれ。

"The Labyrinth of Truths" by Soulspell


2011.12.17放映の Som e Prosa という番組の番外編らしい。
セカンドアルバムは登場人物が多くて、誰がどこを歌っているのか全然把握していない(というかまだ調べていない)ので、ライブ映像を見ると少しわかるかな。ここにはボーカリストが4人しか出てないのでアルバム通りの配役ではないんだろうな。

もう1曲番外編で、1stアルバムから一番出来がよくて2ndにカラオケバージョンが入っているやつ。

"Milvian Bridge" by Soulspell


本放送こちらはかな。曲のさわりとトークで25分ある。
…曲名のテロップが間違っている気がするが(^^;
番組のなんとかコーナーみたいな街頭インタビューがあったり。

あと上記から曲の部分だけ抜き出したやつ、
Dark Princes's Dawnのさわりだけとか、
1stアルバムの曲、A Littel Too Farのほぼ全部とか。

なぜか名電の曲のカバーとか。> Aces High

17日の番組なのにアップロード時間が16日になってるのは、これってU筒の表示が日本時間ってこと?
…しかし、メンバーみんなむちむちだな。へびーめたる! < ちょ
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

PASTORE:さすが伯剌西爾、力強い…

SoulSpellが顔本でなにやらリンクしていたので見てみた。

"Brutal Storm" by Pastore


ボーカルは迫力満点。
伯剌西爾、この手のシンガーの宝庫だな。
このボーカルのMario PastoreがSoulSpellの2ndで主人公(1stの主人公の息子)をやっているのだった。
で、新譜"The End Of Our Flames"は日本先行らしいぞ(^^;

すげえなと思ったけど、曲はいまいちクサメタルじゃない。 < ちょ
あ、でも前作(のビデオクリップになっている曲)よりはクサメタルかな。
アルバム聞いてみないとわからないな…。

↓あ、1st、どこかで見たようなジャケットだ。オススメされてたかも…。



例によってPastoreの顔本は、Facebook pageではなく一般ユーザー。
ちょ、お友達にならないと購読できないじゃないかー。
タグ:PASTORE
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal | 更新情報をチェックする