2007年11月06日

CD紹介 "Reborn" by Northern Kings

フィンランドのメタルボーカリストを集めて80~90年代の曲をカバーしたプロジェクト Northern Kingsの"Reborn"(2007)、大変おもしろいことになっております。



4人のボーカリストというのは以下の通り。なぜか何々の王というタイトルがついている。

J.Ahola : The King Of High Notes (Teräsbetoni)
JP Leppäuoto : The King Of Mystique (Charon)
Marco Hietala : The King Of The Kings (Nightwish)
Tony Kakko : The King Of Catchy Melodies (Sonata Arctica)

あの、マルコさんが王の中の王なのに、何故カッコさんがキャッチーなメロディーの王… < ボキャブラ不足?

ま、それはいいとして、曲のほうはメタルといってもスピード系じゃなくて、重く暗く、よりクサくなっている(^^; > ツボ
もう、げらげらし通しだ。
一人1曲かと思ったらそうでもないみたい。
カッコさん以外の人は判別できないので、誰がどこを歌っているって言えないのだが、うまく混ざっているよ。ほら、あの、ただ「集めました」じゃなくて、ちゃんと有機的なセッションになっている。

プロデューサーはErkka Korhonenという人。ちょっと調べてみたらUrban Taleというバンドでジャーニーのコピーとかやってた人らしい。あ、コピーというのは正しくないか、メタルにしちゃってるんだから。

"We Don't Need Another Hero"は音楽配信各所で単体販売しているようだ。
どれもおもしろいけど、ねこまたぎはいまのところ"Rebel Yell"が好きかな。聞き込むとまた違ってくるかも知れない。
もう、ゲーム音楽みたいになっちゃってるDire Straitsなんか笑わずにいられますかって。

()内はオリジナル・アーティスト
  1. Don't Stop Believin' (Journey)
  2. We Don't Need Another Hero (Tina Turner)
  3. Broken Wings (Mr. Mister)
  4. Rebel Yell (Billy Idol)
  5. Ashes To Ashes (David Bowie)
  6. Fallen On Hard Times (Jethro Tull)
  7. I Just Died In Your Arms (Cutting Crue)
  8. Sledgehammer (Peter Gabriel)
  9. Don't Bring Me Down (Electric Light Orchestra)
  10. In The Air Tonight (Phil Collins)
  11. Creep (Radio Head)
  12. Hello (Lionel Richie)
  13. Brothers In Arms (Dire Straits)


追記:誰がどれを歌っているのかはこちらの記事:節穴な耳:カッコさんの巻
日本盤も2008年5月に発売になりました。
バックのメンバーのうち、ギター、ベース、キーボードはAri Koivunenの一員として活動中。(2008年10月現在)


>>>演奏者など
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Northern Kings | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

ビデオがでましたNorthern Kings

これでやっと誰がどこを歌っているのかわかる!
Northern Kingsのmyspaceで、"We don't Need Another Hero"のビデオが公開になった。
…けど、なんかうちのブラウザだと自動で鳴る音楽が止められないので、ビデオだけ見るってことができない(^^;
とりあえず同じものがYouTubeにあがってるので、それをはっときます。


ビデオそのものはそんなにおもしろいもんじゃありません。

で、カッコさんはちゃんとわかるんだけど、帽子の二人の見た目の区別がいまいちつかず、帽子高音と帽子無し高音の声の区別もいまいちつかない。
映像を見ながら学習するしかないのか…。
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Northern Kings | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

節穴な耳:カッコさんの巻

"Reborn" by Northern Kingsは主にiTunes+ラジカセのスピーカーできいていたのだが、iPod+イヤホンで聞いたら、今までカッコさんと思っていた歌声が違うような気がしてきて…、
各曲のリードボーカルを誰がやっているのかを調べなおしてみた。(添付のCDブックレットには載ってません)
ネットで拾ってきたところによると以下のとおり。
  1. Don't Stop Believin' (Journey) …Marco Hietala
  2. We Don't Need Another Hero (Tina Turner) …全員
  3. Broken Wings (Mr. Mister) …Tony Kakko
  4. Rebel Yell (Billy Idol) …JP Leppäuoto
  5. Ashes To Ashes (David Bowie) …Tony Kakko
  6. Fallen On Hard Times (Jethro Tull) …?
  7. I Just Died In Your Arms (Cutting Crue) …J. Ahola
  8. Sledgehammer (Peter Gabriel) …Tonny Kakko
  9. Don't Bring Me Down (Electric Light Orchestra) …J. Ahola
  10. In The Air Tonight (Phil Collins) …Marco Hietala
  11. Creep (Radio Head) …JP Leppäuoto
  12. Hello (Lionel Richie) …J. Ahola
  13. Brothers In Arms (Dire Straits) …JP Leppäuoto

"Fallen On Hard Times"だけなんか情報がみつからなかった。
Aholaさんかなとも思うのだが、曲数のバランスからいったらマルコさんかもしれない…。 > まだ区別がつきません
ん、で間違えてたのは"I Just Died In Your Arms"。ラジカセではカッコさんの声に聞こえたんだよ、特に冒頭部分。まだ修行が足りませんね(^^;

タグ:Northern Kings
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(1) | Northern Kings | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

"Reborn"本邦発売!

最寄りの本屋にBURRNはないと思っていたのだが、今日はたくさん置いてあった!
ってことは、いつもは売り切れだったってこと!?

というわけで立ち読み情報。

"Reborn" by Northern Kingsが5月に発売になるそうだ。
めでたいことだ。
UK盤が高すぎて買えなかった人、お待たせしました~。
(過去記事:CD紹介 "Reborn" by Northern Kings
追加情報:発売は5月28日、ボーナストラックとして"We Don't Need Another Hero"のオーケストラ・リミックスというのがつくそうだ。(ワーナーのページ

Almahの新譜はやはり9月だそうだ。がくり。
その時期ならプロモを兼ねて是非、Loud Parkに。ついでに単独ライブも(^^)/\(^^)

ターヤねえさんの新譜にキコさんが参加しているそうだ。

カレンダー、めがですって書いてあったけどむすていんさんしか写ってなかった(^_^;)

結構な量のリック・ニールセンのインタビューも。
相変わらず飛ばしてますな、リック翁…。
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Northern Kings | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

出るぞ、Northern Kingsの2nd

Northern Kingsの第2弾がでるそうだ。
"Rethroned", スカンジナビアでは11月19日発売。
myspaceのブログ参照。
1曲試聴できる。

作るっていう噂は聞いていたけど、もうできたのねー。
曲目は…、知らない曲もあるけど、Bon JoviとかDuran Duranとか
a-haとかDepeche Modeとかカイリー・ミノーグとか(^^;
日本盤はいつ出るかわからないので、芬蘭に注文しちゃうもんねー。
タグ:Northern Kings
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Northern Kings | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

CD紹介 "Rethroned" by Northern Kings

芬蘭のボーカリスト四天王Northern Kingsの第2弾が出た。その名も"Rethroned"。王座返り咲きってことですかね。(第1弾"Reborn"の紹介過去記事はこちら
80~90年代のPops&Rockをメタル化しちゃうのだ。第2弾もげらげら楽しい。

例によってボーカリストは次の4人:(myspace

J.Ahola(Teräsbetoni)
JP Leppäuoto(Charon)
Marco Hietala (Nightwish, Tarot)
Tony Kakko(Sonata Arctica)

仕掛け人はアリ君バンドでおなじみのErkka Korhonen。本作でもギターを弾いている。バックを固めているのは同じくAri Koivunenで活動していたVili Ollila(keyboard)、Erkki Silvennoinen(bass)と、Raskas Jouluにも参加しているThunderstoneのMirka Rantanen(Drums)と、オーケストラレーションでMikko P. Mustonen。
1stの日本発売は本国に遅れること半年近くあとだった。この2ndもいつ出るかわからないので、芬蘭よりお取り寄せ。
Record Shop X(英語)
芬蘭のショップだが、送料がとても安いし仕事が速いので、海外通販が怖くない人ならお勧めだ。ねこまたぎは何度か利用している。

今回のCDブックレットは親切で、曲の簡単な解説と歌っている人がわかるようになっている。(前はわからなくてごりごり調べた(^^;)

さて中身だが
01. Training Montage (Vince DiCola; “Rocky IV” soundtrack)
インストである。ロッキー4は見てないのでいまいちピンと来ないが…。
02. Wanted Dead Or Alive (Bon Jovi)
Marco Hietala - lead vocals
J.Ahola, JP Leppäuoto - additional vocals
ボンジョビがらしく疾走してます(^^;
もう普通に爽快にメタルの曲ですよ。
03. Kiss From A Rose (Seal)
Marco Hietala, Tony Kakko, J. Ahola, JP Leppäuoto - lead vocals
今回のシングルはこれらしい。でもねこまたぎはSealを知らないので、前回のTina Turnerほどゲラゲラできないのが残念。
04. A View To A Kill (Duran Duran)
Marco Hielata, Tony Kakko, J. Ahola, JP Leppäuoto - lead vocals
らしさ全開である。007な味付けもなされている。007ファンのねこまたぎとしては今回の一番のヒットである。
05. Nothing Compares 2 U (Sinead O'Connor)
Tony Kakko - lead vocal
力いっぱいバラード。前回の"I Just Died In Your Arms"に匹敵する熱唱、今回はAholaさんじゃなくてカッコさん。
…カッコさん、Sonata Arcticaでこんなに力いっぱい歌っているのは聞いたことないような気がするのだが…。
ついでに言うと、歌詞がとってもカッコさん的です…。 > 執着めそめそ度合いが(^^;
06. My Way (Frank Sinatra)
J. Ahola - lead vocals
もうこの曲はAholaさんしかないでしょう、と思ったらやっぱりAholaさんだった。わが道をいってます。
07. Strangelove (Depeche Mode)
Marco Hieltala, Tony Kakko, J. Ahola, JP Leppäuoto - lead vocals
原曲に重金属入りました、くらいで一番原形をとどめているかもしれない。
Depeche Modeファンとしては取り上げてもらえたのがうれしい。
08. Take On Me (A-HA)
Marco Hietala, Tony Kakko, J. Ahola, JP Leppäuoto - lead vocals
4人のリレーがお見事。これをシングルにすればよかったのに。このビデオが見たいな。
09. I Should Be So Lucky (Kylie Minogue)
JP Leppäuoto - lead vocals
J. Ahola - additional vocals
本作一番のげらげら。カイリー・ミノーグが大変なことになってます。JPさんが低音で凄んでいます。
元歌を知らない人にはなんのことかわからないかもしれないけど、知っていると腹が捩れます。
10. Killer (Adamski feat. Seal)
Marco Hietala, Tony Kakko, J. Ahola, JP Leppäuoto - lead vocals
これもSealを知らないので、「普通にかっこいい」と思うだけ。
11. Roisin Dubh (Black Rose): A Rock Legend (Thin Lizzy)
Marco Hietala, J. Ahola - lead vocals
ちょっと民謡調、かな。やっぱり原曲を知らないと普通にきけちゃう。
間奏に英吉利のtraditional "Danny Boy"ってが入っているような…。

1stに比べると4人で歌っている曲が増えているところがうれしい。曲のインパクトは…、1stのがあった気がするが、そこは「こういうのは知っている曲ほどおもしろい」からなのかもしれない。

今回もJPさん以外の声は区別がつきにくい。特にAholaさんとカッコさんは声の質が似ているのだ。力を抜いたところの響きを聞いてカッコさんと判断、雄叫びのコブシを聞いてAholaさんと判断、そうじゃないのがマルコさんと判断(^^;
そういえば、Tarotって聞いたこと無いけど、そこでのマルコさんってどうなんだろう…。

お膝元芬蘭でも実現していないらしい4人そろったライブ、もしかして、今年の12月5日のRadio Rock Finlandiaって初揃い踏みなのかな。
是非、見てみたい。TV番組でもなんでもいい!


追記:日本盤、2009年2月に出ます!


posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Northern Kings | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

北方諸王揃い踏み

ちょっと興奮気味で…、早く寝なくちゃいけないのに(^^;

Ari Koivunen Japan BlogのMaoさんが、12月5日のRadio Rock Finlandiaの様子を紹介してくれました。
このイベント、フィンランド独立記念日にかけてあったらしいですね。知りませんでしたすみません。
で、Northern Kings、揃い踏みですよ!
Radiorock.fi: Northern Kings
このビデオでやっているのは"Take On Me"と"We Don't Another Hero"。きゃー、"Take On Me"は見たかったんですよ、歌ってるところを。
みなさん、アルバムジャケットのお衣装を着てらっしゃる。
バックのアリくんバンドのメンバー(ドラムだけ違う人)もちらちらうつってます。

さらに、こるほねんさんがリハーサルビデオ大放出。
Myspade video: Erkka Korhonen
本番では、ここに出てくる4曲をやったらしいです。
しかし、Aholaさんがノースリーブなのにカッコさんは長袖トレーナー着てるよ。体温違いすぎるのか、この二人(^^;

ついでにAmprphisのビデオも1曲。
Radiorock.fi: Amorphis
おや、"Her Alone"ってラスボス声の出てこないやつじゃん…。
相変わらずみなさん、定位置を動かない(^^;

posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Northern Kings | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

北方諸王の日本盤新譜情報

Northern Kingsの新譜情報、やっと発売元に載りました!
Northern Kings / ノーザン・キングス > RETHRONED / リスローンド
日本盤は2009年2月25日発売。
ボーナストラックがいっこついているので、ぽちっとしてしまいました(^^;
(芬蘭盤のレビューはこちら

原曲を知らなくても普通にかっこいいですから。
原曲を知っていると、腹が捩れる可能性もありますが(^^;

歌っているのは芬蘭メタル界の四天王、アレンジは突進系というよりシンフォニック系なので、メタルファンじゃない人も聞けると思う。
なにより、歌、うまいし!



日本盤を買って来日公演嘆願しよう! < ちょ
タグ:Northern Kings
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Northern Kings | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

ワーナーにNorthern Kings特設サイト

2ndアルバム"Rethroned"の日本発売を2月25日に控えているNorthern Kings、
ワーナーミュージック・ジャパンが気合をいれてきたようです。
ノーザン・キングス スペシャルサイト

ただ、ワーナーのトップからはリンクしていないので、ちょっとどうかなと思うが…。(アーティストページの左端の目次の「Special」からリンクしている)
とりあえず、試聴もいろいろできるようだ。
各ボーカリストの紹介が笑えます。…狙ってのことだろうか(^^;

「ノーザン・キングス インタビュー」(1st発売後)と「J.アホラ インタビュー」(2nd発売後)が載っている。どっちも答えているのはAholaさん。一人称が「俺」になっている…。
曲選び過程の話とかもあって結構おもしろい。

来日実現するといいな♪
タグ:Northern Kings
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Northern Kings | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

分担一目瞭然

あ、北方諸王の皆様、12月だけじゃなくてユーロビジョンの時にもやってたのねん。

"Take On Me" by Northern Kings (2009年1月31日 in Finland)


ふふふ、これで誰がどのパートかばっちりだぜ。
誰か、AhoraさんとJPさんのパートを歌ってくれ…。 < 音域超過
posted by ねこまたぎ | Comment(3) | TrackBack(0) | Northern Kings | 更新情報をチェックする