2008年02月01日

2月のメタルカラオケ配信

これ、カラオケにはいるそうですよ。(DAM, 2月6日配信)

"Shelter From The Rain" by Avantasia(曲のみ。動画無し)


なんでかなと思ったら歌っているのがマイケル・キスクでギター弾いているのがカイ・ハンセンなんだそうだ。ひー。
まあ、曲のほうはそんなにおもしろいことにはなってませんね…。
この曲は1月にでたばっかりのアルバム" The Scarecrow"に入っているのだ。何故か日本先行発売。欧州はもう出たけど米国はこれから。メタルってそういうの多いみたいだねぇ。

で、このAvantasia、Edguyの人がやってるプロジェクトらしいんだけど、last.fmのご近所さんで聴いている人が多くてですね、気になっていたのです。
"The Metal Opera"ってアルバムはかなりクサくて楽しそうです。 > 注文中(^^;
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

小ネタ:一部べたべたな案山子とか

そのうちちゃんとレビューを書こうと思っている"The Scarecrow" by Avantasia、冒頭の曲"Twisted Mind"はカーン様がボーカルなのです。
ドキドキしながら再生してみると、

うわっ、べったべた!

↑褒めてます(^^;
全編べたべたかというとそうでもない。全曲サメットさんが書いているのだが、なんかボーカリストによってかなり雰囲気が変わるんだよね。

Cheap Trick、いつの間にか日本での発売元がビクター・エンタテイメントになっていた。昔はエピック・ソニーだったと思うが…。
…昨年からかなり貢いでいるぞ、VEに(^^;

posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

案山子のゲストボーカリスト

Avantasiaのゲストボーカルの人たち、大御所のようだが知らない人なのでU筒を漁ってみた。

まずはJorn Landeさん。
"Out To Every Nation" by Jorn Lande


ぎゃははは、北欧の人って雪の上で演奏するのが好き!?

で、ヨルンさんのボーカルはAvantasiaの時のが好き(^^;
曲のせいかな。サメットさんのがヨルンさんのハードな厚みを引き出してる気がする。 > JPさんはNorthern Kingsの時のがかっこいい、みたいな…

次、Bob Catleyさん。
"On A Storyteller's Night" by Magnum


歌詞字幕付きだよ。これ、カラオケにあるのかいな。
…ニホンのカラオケにはないみたいだ(^^;
で、サメットさんはこの人にバラードを歌わせている。うん、そのほうが魅力が発揮できるかも。

次、Amanda Somervilleさん。あ、この人、Kamelotでも歌っているし、ルカ兄とも仕事してた(^^;
"Angel Of Mine" by Amanda Somerville(FFのAMVで)


なんかこの曲、Evanescenceの未発表デモ曲と勘違いされているらしい。
が、そうじゃないんだって。当のEvanescenceの人も「この曲、聞いたこと無いなり」と言っているらしい(^^;(アマンダさんのサイトのニュース参照)

キスクさんとカーン様は知ってるから省略っと。


posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

6月から夏休みなら

6月に瑞典であるフェスティバル、ある意味、Wackenよりすごいかも。
Sweden Rock(ユニオンジャックをクリックすると英語ページになる)

って、BURRNを立ち読みしてたら、ここにAvantasiaが出てるって書いてあったから調べてみたのだ。
なにがすごいってJudas Priestが出るのは普通としても、

White SnakeにBlue Oyster CultにE.L.Oに、
さてりこんにせばすちゃん・ばっくですよ!
あ、ウリさんも出る。
やるなぁ、瑞典。

で、Avantasiaだが、"The Scarecrow"で歌っていたボブさん、ヨルンさん、アマンダさんはもとより、マトスさんも出演だそうで…。
もちろん、バックはHeaven's Gate。(とKamelotとEdguy)
見たいじゃないか~!

げ、Avantasia、今年はフェスティバル荒らしだな。
この瑞典のを皮切りに、7月はセルビアのと、チェコのMasters Of Rockと、伊太利と、〆がWackenですか。(サメットさんのmyspace参照)
そのどれでもいいからDVDにしてくれ~。
タグ:Avantasia
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

METAL OPERA来ました!

独逸人、仕事早いよ、もう届いたよ!

というわけで、出掛けに届いた"METAL OPERA 1&2" by ATANTASIAを速攻iPodにぶちこんで聞いているところです。
例によっていろんな人が歌ってるんだけど説明見ないとよくわからない…。

立派なブックレットにはお耽美な頃のサメットさんの写真満載(^_^;) < いりません
文字びっしり。とりあえず英語。オペラの筋とか書いてあるようだ。

日本語版が欲しいです(T.T)

タグ:Avantasia
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

Avantasia、6月に来日!

来るよ、来るよ、Avantasiaが来るよ。
6/13 (金) 東京:品川プリンス ステラボール
OPEN 18:00 / START 19:00
前売 ¥8,500 (税込・1Fスタンディング)
(問)ザックコーポレーション
チケット発売開始:4月19日(土)

出演予定は:

Tobias Sammet - Vocals
Andre Matos - Vocals
Jorn Lande - Vocals
Amanda Somerville - Vocals
Oliver Hartmann - Guitars / Vocals
Cloudy Yang - Vocals
Sascha Paeth - Lead Guitars
Robert Hunecke - Bass
Michael “Miro” Rodenberg - Keyboards
Frank Lindenthal - Drums

…マトスさん&ヨルンさん+Heaven's Gateですな…。
ステラボールって知らなかったけど、結構広めのスタンディング会場みたいだ。
…このメンツで埋まるのかな。キスクさんいないし。シャロン姐さんもいないし。
カーン様はKamelotが参加するWackenだけに出るのかな。

で、知らないメンバーを調べてみた。
Cloudy Yangはサシャ・ピートと活動しているきれいな声のおねいさんみたいだ。親御さんのどちらかが韓国系だそうだ。シャロン姐さんの代わりかな。 →Cloudy Yangのmyspace

Frank Lindenthal はEdguyのアルバムに参加しているスタジオミュージシャンらしい。
追記:リンデンタールさん、一瞬だけEdguyのメンバーだったことがあるようだ > 1998年

Avantasiaの他の公演はほとんど欧州の夏フェスだ。単独公演は日本だけ? と思ったら、南米公演も単独ホール公演みたいだな。
日本には、6月7日のSweden Rock Festivalと6月18日のアルゼンチン公演の間に来ることになる。
そして7月のミラノもこの布陣だそうだ。ってことは全公演デフォルトはこのメンバーなわけだ。
Wackenを確認しにいったら…、げ、すでにSold Outだって。lastfmでの参加予定人数3000人だって!
10月からはEdguyの北米公演が入ってるから、AvantasiaはやっぱWackenで〆かな。

posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

Avantasia人気曲調査

Avantasia、ライブではどの曲をやるんだろう。
lastfmでの過去6ヶ月のベストトラックを見てみると
1 Lost in Space (3rd, main vocal: Sammet)
2 Farewell (1st, main vocal: Sammet, Adel)
3 Avantasia (1st, main vocal: Sammet, Kiske)
4 Breaking Away (1st, main vocal: Sammet, Kiske)
5 Reach Out for the Light (1st, main vocal: Sammet, Kiske)

ありゃ、1枚目ばっかだよ。3枚目は発売してまだ3ヶ月くらいだから、ちょっと不利だとしても2枚目は(^^;
一応、2ndからはベストテンには"The Seven Angels"と"The Final Sacrifice"が入っていたけど。
"Lost In Space"はシングル曲だし、おまけアルバム2枚にも入っているからちょっとずるいかも。

シャロン姐さんの代役はいるから"Farewell"はやるとして…。
それにしても、キスクさんがいないと話にならないね、これ全部サメットさんとマトスさんでやるかな…。

で、先週1週間だけ見ると
1 Lost in Space (3rd, Sammet)
2 The Scarecrow (3rd, Lande)
3 Another Angel Down (3rd, Lande)
4 Twisted Mind (3rd, Khan)
5 Carry Me Over (3rd, Sammet)

これ、全部、その前の週と順位かわらずだから、3枚目の人気曲はこれってことだね。でもカーン様こないから"Twisted Mind"はやらないよね…。Wackenでだけやるのかな~、くそー。

で、例によって日本でのランキングは違うっぽい。
1 Lost In Space (3rd)
2 No Return (2nd, v: Sammet, Matos, Kiske) …lastfmでは17位
3 Avatasia (1st)
4 Reach Out For The Light (1st)
5 Chalice Of Agony (2nd, v: Sammet, Matos, Hansen) …lastfmでは24位 

おぉ、万遍なく!
そして、ガイコクで人気の"Ferewell"は日本ではベストテンにはいっておりませぬ。これ、おねいさんのキレイな声が入っているやつだ。そして疾走曲ではない。だから日本では…(^^;

いずれにしても歌詞に「Avantasia」が出てくる"Avantasia"と"Chalice Of Agony"は両方やると思うんだけど。
あとここには挙がってきてないけど、Amanda Somervilleが来るから"What Kind Of Love"はやるよね。
それから、せっかくマトスさんが来るんだからバラードの"Inside"はやると踏んでいる。そしてマトスさんはピアノを弾く!

…どうだろうか(^^;

>>>ねこまたぎの勝手予想
タグ:Avantasia
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

しつこくAvantasia

電車の中でブックレットを見ながらMETAL OPERAを聴いてみた。

前史の解説の英文がやたら長いな。
げ、これってエクソシスト?
後日、ねおんさんに解説してもらおう(^_^;)

さて、主人公はドミニコ会の見習い僧なわけですな。
で、ケレン味溢れる修道僧がデビットさんで > ちょっと邪だったりするのか?
ヒーロー声の司教がロブさんで、
教皇が来日公演参加のハートマンさんっと。

で、なんでドルイド僧とエルフとドワーフが出てくるんだろう > まだ解説読み終わってない

で、で、アンドレくんがエルフでカイさんがドワーフなんですけど…。
いくらバンドメンバーがでかいからっていいのか、ドワーフで < 違

なんと綺麗な声のおねいさんは義理のきょうだいだったのねん。
それで魔女容疑で塔に幽閉? < 早く解説読め

続きはまた明日…は無理かな…。 > 大量の英文
タグ:Avantasia
posted by ねこまたぎ | Comment(6) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

ちまちまAvantasia粗筋

"Breaking Away"って牢破りの曲だったのか!

AvantasiaのMetal Operaの粗筋をちまちま英語で読んでます。
やっと前史が終わって1枚目のAct1 scene1まで。

前史は、魔女疑惑(?)で塔に幽閉されている義理の妹アナ(Within Temptationのおねいさん)を救出しようと悩む見習い僧ガブリエル(サメットさん)が、修道僧のところに相談しにいったら、その人がイケナイ本を読んでいて、その本にアナ救出の手がかりがあるかもしれないと思ってこっそり読んだら、手に黒いシミがついて、ばれちゃって、牢屋に入れられた、ってとこまで。

そして、Act1は牢屋の中にいたドルイド僧(キスクさん)になにやら教示されるところから始まるのです。でもガブリエルくん、現時点では「意味わかんねー」らいしです。
んでもって、2人とも有罪確定だろうからって脱走するのです。
ドルイド僧が無闇に強いらしい(^^; わりと簡単に脱獄。
ってとこまで。

で、このドルイド僧がイケナイ本の元の所有者で本に書き込みをしているらしいんだけど…。ガルリエルくんは気づいてないようなんだけど……。

続きはまた来週? > いつ読み終わるんだ~
タグ:Avantasia
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

ちまちまAvantasia粗筋 Act1 scene2

なかなか進まない"Metal Opera" by AvantasiaのCDブックレットの英語解読、ついに辞書もひきつつ。 > 今まではわからないところ読み飛ばし(^^;
(previous historyとAct1 scene1についてはこちら

脱走したガブリエルくんたちはとりあえず町を離れる。
一方、町のお代官(Ralf Zdiarstekさん)と英雄声の司教(ロブさん)と邪声の修道僧(Devid Defeisさん)は、問題の魔女(?)エリスから没収(?)したイケナイ本を持ってローマへ。教皇(ハートマンさん)に会いに行く。
なんかその本が第七の封印なのだそうだ。
それをゲットすると封印が全部揃って叡智の世界の扉が開く、みたいな…。そのすぴりちゅある・わーるどに生身に人間が入れると。
ご一行様は教皇と一緒に問題の本を持って長い廊下を下る…。

ガブリエルくん頭痛がする。そこへ薬草をいっぱい持ったドルイド僧が戻ってくる。 > あなた、ガンダルフですか?
なんか山賊に教われたらしいんだけど、山賊たちはガブリエルくんたちを殴り倒しただけで殺さなかったと。 > で、その山賊どもはどこに?
で、ドルイド僧は道中、イケナイ本のことをガブリエルくんに語ったようだ。
え、Avantasiaってすぴりちゅある・わーるどだったのねん。
そして、本が教皇の手に入る前に阻止したいと…。
が、山賊に邪魔されてもう追いつかないので、奥の手を使うことに。

森の中に神聖な場所があって、そこでなにかをするとどうにかなるらしい。
その場所は…、ストーンヘイジ! そしてガブリエルくんは幽体離脱してAvantasiaに送り込まれる!!

ここで何度きいてもFinal Fantasyみたいなインストが流れて、ドワーフ(カイさん)が迎えにくるのです。そしてエルフの里へご案内。
アンドレくん、エルフの王子ですって! > 当時はともかく、今は無理!

そして、カイさん、アンドレくんのパシリ!?

Avantasiaはなんか悪の軍団と戦争中。 < 何故~?
ここでのガブリエルくんの使命は「塔に潜入し封印を奪還しろ」。 > まるっきりRPGですな
森の中に残っているドルイド僧とは脳内通信ができる。ドルイド僧はエルフ王子とも脳内通信できるらしい。で、塔の秘密を尋ねるのだが、エルフは答えてくれないとか…。
で、なんだかんだで、ガブリエルくんは封印をまんまと奪い取ってエルフの里に帰還。 < 透明人間?
でも、アナはまだ助かってないじゃん、ってことで続く。

ふぅ。
ニホンゴで読んでも↑こうなのでしょうかね(^^;

タグ:Avantasia
posted by ねこまたぎ | Comment(3) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

ちまちまAvantasia粗筋 Act2 & Act3

英語のブックレットで読んでいる"Metal Opera" by Avantasiaの粗筋、やっと"Metal Opera 2"に入った、と思ったら、こっちは2ページで終わりでやんの。 > 1は7ページもあったよ(^^;
(いままでの粗筋:「ちまちまAvantasia粗筋」「ちまちまAvantasia粗筋 Act1 scene2」

Act2:
さて、エルフの里に帰還したガブリエルくん(サメットさん)、ナニがどうなっているのか知りたい! というので知識の木(ボブ・カトレイさん)に会いに行く。
…でもこれで話が見えたのかどうかはちょっと謎。なんか、ガブリエルくん、全部知るのは無理!とか思ったみたい。
そしたら、なんと湖(木はその畔に生えている)が沸き立って邪声の修道僧(デヴィッドさん)の顔になった!? それはちょっと若い頃の修道僧の顔だった! < おそらく苦悩顔

エルフの里に戻ったガブリエルくん、エルフ王子(アンドレくん)に説明を求める。エルフ王子、しぶしぶ教えてくれる。 > いろいろ出し惜しみするところがちょっとエルロンド
ローマの地下に金の聖杯(ってなんだろうね…、ワイングラスのでかいやつかな)があって、その中に囚われた魂がたまってて、それが今、Avantasiaを蹂躙している悪の軍団の力の源だとか。そしてそれを守っている獣がいると。
その聖杯から魂を解放すればいいらしい。

ということで、ガブリエルくんとドワーフ(カイさん)は封印の1つを持ってローマへ向かう。封印を解いてAvantasiaから現実世界へ。
地下にはどでかい聖杯があった。それをひっくり返して魂を解放!

と、壁が動いて獣が登場。

逃げ遅れてドワーフ死亡。 < ちょっ、カイさーん

Avantasiaの悪の軍団に力は弱まったようだが…。
現実世界へ戻って来たガブリエルくん、ドルイド僧(キスクさん)と合流。

Act3:
さて、いよいよアナ救出作戦。ドルイド僧はガブリエルくんに危ないからうちで待ってろといって、助っ人を連れてでかけていく。
アナが幽閉されている塔にいってみると、なんともう修道僧が来てて、アナを解放しようとしていた。魂は解放されて目が覚めたようだ。
ドルイド僧はアナ(シャロン嬢)にガブリエルのことを話してたら、おっと、人がやってきた。アナを窓から逃がす。
やってきたのはお代官。

うわ、ドルイド僧がやられた! 死んじゃった!! > そんな~
 
お代官も激昂した修道僧にぐさっとやられちゃった(みたいだ…)。

最後はアナが「なんでドルイド僧は死ななきゃならなかったの~」と歌っておしまい。

…あ、でもなんで逃げ延びたアナが彼が死んじゃったことを知ったんだろう…。
という突っ込みをしていたらきりがない。
そもそも、アナはなんで幽閉されてたのかなぁ。
修道僧の魂はなんで囚われちゃってたのかなぁ。
Avantasiaの塔が叫ぶってのがあったけど、あれは何だったのかな。
イケナイ本の封印は、Avantasiaの塔を封鎖するためのものじゃなかったのかな。
Avantasiaはどうなったのかな…。

↑ニホンゴで読めばわかるのかな。…とも思えないけど(^^;

タグ:Avantasia
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

Scarecrowは黒いよ…

Avantasia予習である。
"The Scarecrow"のCDについてきた日本語の歌詞カードをつらつら眺めていたのだが…

サメットさん、黒いよ(@_@;)

今回は日本での発売元が変わっているので翻訳はあのトンデモ@kiy@m@ systersじゃないから誤訳はないと思うのだが、希望の光みたいに聞こえる"Shelter From The Rain"のキスクさんのパートも暗いのだ。
サメットさん、ますます性格悪くなった?

前書きには、Scarecrowは孤独で満たされなくて内に籠もって悶々、みたいなテーマだとある(超意訳)。物語になっているわけではない。
おそらくLeft-hand pathというのがキーになると思うのだが、「左側の道」ではなく「左道」と訳すべきで、摂理(右道)に反してでも自己を追求するするみたいな意味になるはずである。
(禁欲に対する官能ということで女神への道という意味もあるらしいが、ここでは違うだろう)

他に、キーになる各ボーカリストの役柄が訳してないのは困りものだ。
とりあえず訳してみる。

カーン様:精神科医
ヨルンさん:メフィスト的皮肉屋
キスクさん:導師(?)
アマンダさん:報われない愛
ボブ・カトレイさん:善き内なる魂
アリス・クーバー:不気味な救いのボス(?)

…わかるようなわからないような…。キスクさんとカトレイさんは役どころ的にはMetal Operaの時と同じ感じかな。

それにしても、西洋人はファウストが好きだな。Kamelotもファウストを根底においたアルバムになってたし、モーリス・ベジャールも結構こだわってた。なにがそんなに魅惑的なのかねこまたぎにはわからない。基督教の教養の中で育つと琴線に触れる何かがあるのだろうか。

で、歌詞の日本語訳から感じるのは、ええと、
「感受性が強すぎて外界を拒絶しているのに、世界とのつながりを失いたくないともがいている奴」とか、
「カノジョを愛しすぎてしまうと自分を失ってしまいそうな気になって結局振っちゃう男」みたいな…。

一見、プログレみたいにあっちの世界にいってしまった人かと思わせといて、実はこっちに未練があってぐだぐだってあたりが澱のように黒いのだ。
自分の世界に閉じこもっているのに実は人に認められたがっているオタク、に通じる気持ち悪さが…。
これがサメットさんの心象風景だとしたらかなりやだな。カッコさんのうじうじ男よりもっといやです(^^;

以上はあくまで「日本語に翻訳された歌詞カード」を見ての印象なので、やはりここは元の英語歌詞にあたってみるべきなのだろうな。
まあ、でもMetal Operaほどは楽しくないだろうな…。 > エルフも出てこないし(^^;


タグ:Avantasia
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

今頃Avantasiaは…

lastfmのアプリが更新されて、iPodからもscrobbleがいくようになった。
…内緒で変なの聴く、ができなくなったな…。

"The Scarecrow" by Avantasiaの英語の歌詞を見ながら曲を聴いたが、黒いかどうかはいまいち判断がつかなかった。
…わからない単語多過ぎ(^^; > 辞書をひきなさい

これ↓、サメットさんがShamanに乱入したのと同じ頃のライブだろうか(会場は違うみたいだ)。
マトスさんがまだアンドレくんで、サメットさんが長髪。

Inside by Tobias Sammet and Andre Matos


サメットさん、無理矢理会場に歌わせてますね…。

これ以外では、Edguyのライブで"Avantasia"をサメットさん一人で歌ってるのがいくつか。
ということで、Metal OperaのGold Editionのボーナストラックにはいっている"Avantasia"と"Sign Of The Cross"と、"Inside"あたりは今回のライブでもやるんじゃないかと踏んでいる。

Avantasia、今日が初日公演@スイス。
週末はセットリスト漁りだな。
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

スイスでのAvantasia

6月5日のRock Sound FestivalでのAvantasiaのセットリストを報告してくれてる奇特なお方がおりました。今のところ1件しか見つかってないので、これが正しいかどうかは不明。
1. Twisted Mind               …3rd
2. The Scarecrow (with Jorn)        …3rd
3. Another Angel Down (with Jorn)      …3rd
4. Prelude                  …1st
5. Reach Out for the Light (with Andre)   …1st
6. The Story Ain't Over (with Bob)   ←"Lost In Space part1"
7. Shelter From the Rain (with Bob and Andre)…3rd
8. Lost in Space               …3rd
9. I Don't Believe in Your Love       …3rd
10. Avantasia                …1st
11. Serpents in Paradise (with Jorn)     …1st
12. Promised Land (with Jorn)   ←"Lost In Space part2"
Encore:
13. The Toy Master             …3rd
14. Farewell (with Amanda)         …1st
15. Sign of the Cross (All)         …1st

やった!カーン様がいなくても"Twisted Mind"が聴ける!
あら、2ndの曲が一つもないぞ…。
ってことで、Cloudy Yangはシャロン姐さんの代役ではなくコーラス担当だったのねん。(彼女は"The Scarecrow"でコーラスやってる)

で、ねこまたぎは"Lost In Space"は持っていない。ので、知らない曲があったらそれってことかな(^^;
しかし、"Serpents in Paradise"をやるとは意外だった…。

追記:フィナーレは"Sign Of The Cross"と"The Seven Angels"のメドレーだったようだ。

タグ:Avantasia
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

アマンダさんのVlog

アマンダさんってまめなひとだったのねん。今回のAvantasiaのツアーのビデオダイアリーみたいなのをやっているらしい。

Amanda Somerville World Tour 2008 w/ Avantasia Vlog 1(6月2日、3日、4日)


…アマンダさんってダイナマイトなのねん…。
リハーサル舞台裏を紹介してるぞ。ご挨拶程度だけどね。
ギターをかかえているサシャ・ピートとかほとんどお坊様なロバート・ヒューネケ(ベース)とか、もしかしたらちょっと絞ったかもと期待させるマトスさんとか。
あ、もちろんサメットさんも映っているけど。

Amanda Somerville World Tour 2008 w/ Avantasia Vlog 2(6月4日、5日)


あ、ミロさんも普通のおじさんだな…。
こっちは冒頭は飛行機のなかでしゃべっているシーンが長いのであまりおもしろいもんじゃない。
5日の準備中のステージもちょっと。
あと泊まったホテルの部屋とか。< 女性らしい(^^;
そしてステージ終了後に乾杯しているところとか。
あのちょっと枯れた人がカトレイさんかな…。

ついでに
"Twisted Mind" by Avantasia (2008/6/5 at Rocksound Festival in Switzerland)


サメットさんひとりで歌ってますね。
右のお坊様なギターはハートマンさんのはず。左のお坊様はベースのロバートさんのはず。女性コーラス隊は左の奥におりますな。
サシャ・ピートは右往左往してます(^^; < コーラスしないから…

posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

SwedenのAvantasia

Judas Priestが9月末に来日、ってことは10月のLoud Parkには来てもらえないってことですね、きっと。

さて、ぼやっとしてたら6月7日のSweden Rock FestivalでのAvantasiaのsetlistが出てました。
1. Twisted Mind - Sammet
2. The Scarecrow - Sammet, Lande
3. Another Angel down - Sammet, Lande
4. Prelude
5. Reach Out For The Light - Sammet, Matos
6. The Story Ain't Over - Sammet, Catley
7. Shelter From The Rain - Sammet, Matos
8. Avantasia - Sammet
9. Serpents In Paradise - Sammet, Lande
10. Promised Land - Sammet, Lande
---
11. The Toy Master - Sammet, Hansen*
12. Farewell - Sammet, Sommerville
13. Medley:Sign Of The Cross,The Seven Angels - ALL (Sammet, Matos, Lande, Catley)

え! カイさん参戦だ!

別のところを見てたらカトレイさんは3曲出たっていってから、スイス同様"Shelter From The Rain"でも歌ったんだと思う。
それから、スイスでも"Sign Of The Cross"に続いて"The Seven Angels"をやったようです…。サビを覚えておかなきゃ!
あれ、"Lost In Space"と"I Don't Belive Your Love"がないね。Swedenのが時間が短かったのかな。

そしてU筒にはSweden Rock Festivalのがいっぱい上がって来てます。
うわ、舞台の真ん中奥にでかい案山子!
"The Scarecrow" by Avantasia (Jun. 07, 2008 at Sweden Rock Festival)


ええと、11分の曲が3分の映像。ギターソロ中心。歌は入っていない。 > ヨルンさんファンの方、残念(^^;

そしてアマンダさんのビデオダイアリー。
Amanda Somerville World Tour 2008 w/ Avantasia Vlog 3(6月6日、7日、8日)


ヨルンさんが…、あれはビールでしょうか(^^; バスの中で飲みまくったら変な風に酔っちゃうんじゃないのかな。平気なのかな。
ロングドライブっていってるけど、会場はストックホルムから遠いのかな。いや、デンマークからフェリーに乗っているってことはやっぱりバスで移動!?
そしてバスで独逸に戻って、
…ミロさんが怪しい雑誌を見ている…。スウェーデンで仕入れたのだろうか。
ええと、本拠地はハンブルグなの?10日にはモスクワなんだけど、9日の早朝に発つっていってるような。…。
ボブさんは英国へ戻るって、モスクワ公演には出ないのかな。

追記:今見たら、呼び屋さんのサイトからカトレイさんの名前が消えてました!
えー、日本にも来ないの!? がっくし。
これはモスクワのセットリストもチェックせねば。カトレイがいなくても同じ曲をやるのだろうか > "The Story Ain't Over"とか…
当日券有りになってたから、思ったほどチケットさばけなくてギャラがでなくなったとかってことじゃないよね(^^;


posted by ねこまたぎ | Comment(6) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

RussiaでのAvantasia

Avantasiaの2008年6月10日のモスクワ公演のセットリスト発見。
Moscow同様、Tokyoにはボブ・カトレイさんが来ないっつーので、すごく気になっていたのだ。
1. Twisted Mind
2. The Scarecrow
3. Another Angel Down
4. Prelude
5. Reach Out For The Light
6. Inside
7. No Return
8. The Story Ain't Over
9. Shelter From The Rain
10. Lost In Space
11. I Don't Believe In Your Love
13. Avantasia
14. Serpents In Paradise
15. Promised Land

16. The Toy Master
17. Farewell
18. Sign Of The Cross / The Seven Angels

キターっ、INSIDE、キターっ!\(`∇\)(/`∇)/

と、とうきょうでもやってくれるんでしょうか。

先の瑞西も瑞典もフェスでの演奏だったが、モスクワは単独公演。なのでだと思うが、瑞西のときより2曲多い。
ええと、カトレイさんがいなくても"The Story Ain't Over"、やるのねん。
どれをどなたが歌ったかというのがちょっとみつからないんだけど。

そして、何気に"No Return"が追加になっている。何故にこれ? 最後の"The Seven Angels"はサビだけっぽいので、"Metal Opera part2"から全曲やるのはこれだけ。
サメットさん、2より1のが好きなのかな…。

毎回微妙に曲が増減するので、日本ではどうなるのかわからない。
単独公演だからモスクワと同じ展開だとは思うのだが…。

どきどきどきどき > すでに仕事にならない不良社員、明日休暇とってるし!

追記:日本公演で、「AVANTASIAツアーTシャツは4種類を販売予定」だそうです。
…どんなやつだろう。案山子のジャケのはいらないけど…。

タグ:Avantasia
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

見た~Avantasia

わぉ、二列目、サシャ・ピートの前。よく見えたよぉ(感涙)

セットリストはモスクワと同じ。
二時間のコンサートだ。
"INSIDE"歌わされたよ(^_^;)

サメットさん、笑うとかわいい。
ヨルンさん、濃い…。
ドラムのフェリックスさん、ドイツ人顔で意外とかっこいい < こら
アマンダさんの迫力にたじたじ。
クラウディーさんも意外とダイナマイト。
ハートマンさん、歌う、歌う、出番多し。
ロバートさんとミロさんもコーラス
サシャ・ピート♪ < ?
しかし、マトスさん、そのお衣装は…。

Avantasia、日本に来てくれてありがとう!
(詳細は後日 →こちら:一夜限りのAvantasia来日公演
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

一夜限りのAvantasia来日公演

行って参りました、Avanntasia(2008年6月13日 at 品川Stellar Ball)
o(^o^o)o(^o^)o(o^o^)o  < 浮かれっぱなし

サメットさんは、Avantasiaのライブは後にも先にも今回のシリーズだけといってた。アジアでは日本だけ。このあと中南米にいって、その後またヨーロッパのフェスに出るのだ。
もう生涯に一度しか見れないAvantasiaですよっ < 大袈裟(^^;

で、会場に向かう道をまた間違えました(実は、Finland Festの時も。Nさんごめんなさい)。
どうも黒Tシャツがいないといいながら遠回りして会場近辺に踏み込んだら、いるわいるわ黒Tシャツ(^^;
グッズの先行販売をやってたらしく、案山子のTシャツをすでに着ている人がたくさん。
その他Edguyはわかるとしても、今回誰も来ないのにGamma Rayとか…。
AC/DCを着ている小学生がいたけど、あれは(^^;

さて、会場は大変広ぅございます。とにかくステージの横幅が凄い。天井も高い。そしてトイレが写真を撮りたくなるほど豪華
客層は…年齢高めですね。それに結構女性が多い。みなさん誰のファンなんだろう…。
ええと、整理番号200番台なのに前から2列目、押されたついでに中心に寄りに一歩動いて女性の後ろ、視界良好!
…帰りも電車1本で超らくちん、もっとここでライブやってくれ。
ってのはおいといて。

さあ、はじまりますよ~。ほぼ時間通りにスタート。以下、曲目はあってると思うが、順番と歌った人は違ってたらごめんなさい。
1. Twisted Mind(Tobias)
キャー、この曲ってこんなに盛り上がるのねん。
♪Twisted mind, there's no way out♪ < 客も叫びまくり。
サメットさんは背中にしゃれこうべのついた変わった上着着用、しっぽスカーフをつけ、首にも襟巻き。マイクスタンド振り回しまくり。第1印象は「薄い…」。"The Scarecrow"のジャケ画像のような目張りをしてないからかな。化粧無し。そのほうがイケてると思う…。
ギター&ベース隊はTシャツ。サシャ・ピートは迷彩ズボン。
あら、ドラムのフェリックスさんってかっこいいじゃん。手袋して叩きまくりだ。
2. The Scarecrow(Tobias, Jorn)
曲の途中からヨルンさん参上。シンプルな黒いシャツ姿だ。この人たち、ファッションに統一性がない…。
途中のギターソロで静かになるところ、クリック音は聞いているだろうがドラムのリズムとるの難しそうだった。客の手拍子は勝手にずれるし。でもさすがプロ、揺るぎないですね、ドラム。なんかとても安心して聞いてられる。
サシャさんは顔を歪めて激奏。でも時々にっこり観客とアイコンタクト。わぉ!
3. Another Angel Down(Tobias, Jorn)
もうなんだか忘れちゃいましたよ。
♪We rock the ball !♪
そういえば、どの時だったか、ヨルンさんとサメットさんのMCが被るので、なんか言ってましたね。 > 聞き取れなかった
ヨルンさんが時差とかパーティーとかなにかいってたけど、それも聞き取れなかった(^^;
4. Prelude
ヨルンさんが退場して一息ついた感じ。
そういえばミロさんの横にはMacBookが…。
5. Reach Out For The Light(Tobias, Andre)
マトスさん登場。ひらひらの黒ブラウスにぴっちりパンツにブーツ。そして紺の上着…。 > なんですか、そのセンスは(^^;
まあ、マトスさんも走るわ、煽るわ、どっちがメインボーカルかっつーくらい。
曲間もマトスさんのが日本の観客を扱いなれているっていうか、ニホンゴ混じるし(^^;
でもなんかサメットさんと息が合っている。やっぱこの二人、仲いいかも。
ヨルンさんの時はサメットさんとかわりばんこに歌う感じだが、マトスさんの時はハモっていることが多い。
6. Inside(Tobias, Andre)
歌に入る前、イントロ状態でサメットさんがかなり長くしゃべっていたような気がする。
冒頭のカイさんパートを歌うサメットさん、

それ、カイさんの物まねですね…

で、♪Inside, So deep inside♪のところは観客に歌わせようとする彼ら…。ええと、日本人、歌えてましたか~?
ドラムとギターは休憩。
7. No Return(Tobias, 忘れた)
冒頭、サメットさん、「"Metal Opera part2"は持ってるか」と投げかけ、観客の反応をみて「50%くらい? いいアルバムだからみんな買うように!」と。
でも1曲しかやらないのは何故(^^;
ええと、これ、マトスさんも歌ってたかな。ええと、ハートマンさんも歌ってたかな。
8. The Story Ain't Over(Tobias)
「ゲストボーカリストが来れなくても、曲をセットリストからはずすことなく全部やることにした」と。サメットさん、ボブ・キャトレイっていってたな。カトレイじゃなくてキャトレイなのか?
9. Shelter From The Rain(Tobias, Andre,Oliver)
日本人は速い曲が好きだろ~といって始まったのがこれ。
マトスさん、赤いひらひらブラウスで登場。赤を着るとは知っていたが、ねこまたぎ絶句(^^;
ええと、日の丸を振ってたのはこの時だっけ?
中間部のキスクさんパートをハートマンさんがやってたよ、かっこよかったよ!
10. Lost In Space(Tobias, Amanda)
「(自分の曲の中で)初めてベストテン入りした曲だ」とかいってた。そうなのか…。
曲の最後のところでアマンダさんとの掛け合いあり。アマンダさん、やばいよ、ダイナマイト過ぎるよ、ちょっとドキドキしちゃったよ。
11. I Don't Believe In Your Love(Tobias,忘れた)
イントロのギターがあまりクリアに聞こえず、最初はなんの曲だかわからなかった(^^;
歌の冒頭はハートマンさんだったかな…。
13. Avantasia(Tobias)
"Metar Opera"のタイトルトラックだ、と紹介していた。もちろん、サビは大合唱だけど歌いにくいよ。
とりあえず最後の1節は押さえる。 > ♪Gnosis and life: Avantasia!♪
14. Serpents In Paradise(Tobias, Jorn)
この時のヨルンさんとサメットさんの掛け合いは結構良かったかも。
15. Promised Land(Tobias, Jorn)
「あと1曲だ」だといわれたけど、アンコールがあるの知ってるもんね~、と思って聞いていた曲(^^;
このあと、一旦、みんなステージを去る。
16. The Toy Master(Tobias)
アンコール1曲目。サメットさんは最初と違う長い上着と帽子を被って出て来た。
これもちょっとアリス・クーパー先生の真似っぽく歌ってたような。そして妙な振り付けも…。
17. Farewell(Tobias, Amanda)
アマンダさん、前へ出てきました。やばいよ、サメットさん、つぶされそうだよ < 違
18. Sign Of The Cross / The Seven Angels(Tobias, Jorn, Andre, Oliver, Amanda)
イントロの途中からメンバー紹介。かなり丁寧に紹介されてた。
ミロさんは参加バンドの数々を、ロバートさんはいろんな楽器ができていろんなアルバムに参加しているから探してみろとか > はーい知ってマース!
サシャさんは、Heavens Gateのギタリストで、70いくつのメタルのアルバムをプロデュースしてて、Avantasiaのプロデューサーで、Avantasiaのギタリストだって。
さて大団円って感じのこの曲、もちろんオーディエンスは♪Sign Of The Cross!♪と叫ばなければなりません。
カイさんパートのところは飛ばして、"The Seven Angels"のサビに突入、マトスさんがコーラスポジションにいるクラウディーさんをひっぱりだしてきて、最後はみんなで前で歌ってました。

サメットさん、かなりしゃべってました。が、その勢いでしゃべられると聞き取れないんですってば(^^;
そうそう、「DVDにするから日本をアピールだ、叫べ」なんていってたから、今回のツアーのDVDを出すつもりなんだな。ひゃっほー。きっとメインはWackenあたりで、日本のシーンはおまけ映像で入るんじゃないかな。カメラの人、一人しかいなかったみたいだし。
あと、「明日は土曜日だ、みんな休みだよな」の反応が悪かったので「独逸では休みだ…」といったら、ハートマンさんが「だから貧乏だ」なんて突っ込んでたり。
そうそう、メンバー紹介の時に「Girlsがどうのこうの」って紹介してたのに反応が悪かったので「きみらはゲイか?」とか…。 > だから日本人は聞き取れないんですってば(^^;

というわけでたっぷり2時間。
ああ、とにかく楽しいお祭りでした~。
来日、ありがとう~~。

members:

Tobias Sammet - vocal
Andre Matos - vocal
Jorn Lande - vocal
Amanda Somerville - vocal, chorus
Oliver Hartmann - guitar, vocal, chorus
Cloudy Yang - chorus
Sascha Paeth - guitar
Robert Hunecke - bass, chorus
Michael “Miro” Rodenberg - keyboards, chorus
Felix Bohnke - drums

>>>どうでもいいメモ
posted by ねこまたぎ | Comment(5) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

アルバムジャケットに本人が出ることのリスクについて

せっかく生で見たのだから、ヨルンさんのソロ・アルバムでもあさってみようと密林をつついてみた。

↓あの、どなたですか?


ねこまたぎが見たヨルンさんとは別人なんですけど! > Jorn Lande
ネットだからまだ解説見ながら買えるからいいけど、店頭で見たら「ヨルンって北欧に多いんだ♪」とか思って棚に戻すぞ(^^;

あ、そういえば、こっちも。
↓膨張してなくても別人。というか、趣味、変わりましたね? > Tobias Sammet


これじゃidentityに悩むわけだ。 < 違
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Avantasia | 更新情報をチェックする