2007年05月21日

メタルさんは何を歌っているのでしょう

今日は"Spread Your Fire" by Angraについて、うだうだ考えていた。
だって直訳したら「あんたの炎を撒き散らせ」ですよ。
主人公はドラゴンですか?

というわけで、訳してみた。今回は、日本盤CDを持ってない無いから、ほんとうにてきとー解釈である。(注:ゆめゆめ、これを信用して他への引用などなさいませぬように)

炎を吐け

人生に目覚めたのはさほど昔にあらず
自分の心を掌握できていると思うか
神はいつの日か統制力を戻してくれるだろう
理解するのは難しいことではない
世界には善と悪がある
父なる宇宙は愛と憎しみをもたらす

グロリアス
汝は導いてくれるだろう
世界を鎖から解き放つ道へ
グロリアス
汝の物語は今始まる
撃て!

光の天使を解き放て
我らに生をもたらすことに感謝しよう
魔王とは単なる呼び名
責めを負うのは我らのみ
まわりをご覧あれ、私は正気だ
悪魔は我らが神の御子

グロリアス
恐れずに
汝の剣をもって導きたまえ
グロリアス
汝は選ばれし者
行け!

汝の炎を放て

日本語訳 by ねこまたぎ

んー、"You"はドラゴンじゃなさそうですね。
で、この"I"って誰でしょうね…。
とりあえず、主人公"You"は、世界を救うヒーローであって、その力を発揮するのに炎(または熱情、霊力)を吐く(ドラゴンじゃないから「放つ」のほうがいいかな)らしいのだ…。
うーむ。

Queenも初期の頃はなんじゃらほいな歌詞が多かったけど、そういうバンドって稀なわけじゃないようだな…。

あー、元歌詞はネットで探してください。
題名+lyricで、検索範囲を日本語以外のサイトにすると簡単に出ますです。
タグ:翻訳 Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

Carry On 三態

Angraの"Carry On"、サビが無闇に高いので、本家アンドレ君もうまく歌えない時があるらしい。
その1:息切れしているアンドレ君(1994年、Angra時代)
PAがあまりよくないせいかもしれない。


その2:動きが怪しいエドゥ君(Riberthツアーの頃の西班牙公演?)


その3:余裕をかましているアンドレ君@Shaaman(Angraを抜けた後のバンド)
専任キーボードがいるので、駆け戻らなくていいからかな。そのかわりマイクスタンドを振り回している(^^;


やっぱ見習うなら年季の入ったアンドレ君かな。 > マイクスタンドをふりまわさないと < 違

タグ:live video Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

"Rebirth"、三者三様な予感

"Rebirth" by AngraのカラオケはHyperJoyにしか入っていないので試したことがなかった。
先日、某Pさんが歌ってくれた。ほぉ、Pさんに似合う曲だなと思って、改めて聞いてみた、ら…。

ららら? これ、ねこまたぎが歌ったら違う曲になりそう。
PさんバージョンともAngraオリジナルとも違う曲になりそうな予感プンプン(^^;
そのうち試してみよう。

というわけで、またネットをつついてたらひっかかってきた"Rebirth"のアコースティック・バージョン。TVでのライブみたいだ。
エドゥくん、歌、うまいじゃん! < 失礼な…


こちらはオリジナル・バージョン。
映像はライブのコラージュだけど、音源はスタジオ録音版だと思う。


アコースティック・バージョンとは違って思いっきり力んでいるよね…。

タグ:Angra live video
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

Angraのカラオケ配信チェック

"Running Alone"でどうしても ♪い~ざべ~る♪と聞こえるところがあって、変だな、女性の名前なんて歌詞にないよな、と思っていたらそこは

♪Answer me♪

でした。なぜこれがイザベルに!?

というわけで、Angraのカラオケ配信チェック。












DAMJOYUGA
Carry On
Nothing To Say×
Wings Of Reality×
Z.I.T.O
Metal Icarus××
Nova Era
Rebirth××
Running Alone××
Spread Your Fire×
Angels And Demons××
The Course Of Nature××
The Voice Commanding You××

うーん、これもDAMが一番多いが、HyperJoyじゃないと歌えない曲があるのが困りものだ。

で、未見なのだが、UGAのプレミアライブというのにAngraの映像が入っているのだ。どうやら、2006年のLOUD PARKの時のライブらしい。
曲は"Carry On", "Wings Of Reality", "Nova Era"の3つ。
帰国したら近所のUGAの店にいってみよう。
(ということで、恐竜化石発掘に出かけるのでしばらく不在になります)

追記:なぜ、Sonata ArcticaよりAngraのが歌いやすいのか考察してみた。
どっちも裏声を駆使しないと歌えないのは同じ。
旋律のソルフェージュ度はAngraのが高い。

でも、Angraのが歌詞が勇ましい

…多分、そういうことだと思う(^^;

追記2:配信チェック表更新。ちなみに、UGA プレミアライブの"Carry On"は途中で尻切れトンボ、"Nova Era"は曲の最後のライブ演奏をわざわざ再現している。(2007年9月現在)
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

Angraライブ映像配信チェック

帰国早々なにをやっていたかというと、近所のカラオケ屋でAngraのカラオケ本人映像のチェックです。
UGAに2006年Loud Parkのライブ映像が3曲入っているのだ。
この頃のエドゥくんは怖いといううわさを耳にしつつ…。
Carry On
まずはこれから。あれ、エドゥくん、かわいいじゃない。怖くないよ。
歌っているところは歌詞が邪魔。
通常は長くてうんざりなメタルの間奏も本人映像だと楽しい。
…とか思って見てたら途中で終わってしまった。なぜだ!? この後から別の曲に流れていったのか?
Wings Of Reality
あ、こっちのエドゥくんはちみっと妖怪化しているような気がしないでもない。ええと、ライティングのせいかな…。
Nova Era
日本の観客の皆様も盛り上がっています。あ、ボーカル、こんなところで叫んでいる。ナニを叫んでいるのだ!?
曲のエンディングがライブアレンジ。ご丁寧にカラオケでも再現している。
あ、もしかしてCarry Onの後半は再現不可能で割愛したのか!? > Loud Park2006をご覧になった方の情報求む

ということで、も一度入れてギターソロを凝視したり、Carry Onは普通バージョンで歌い直したりしてました。
しかし、キーボードとベースの人はほとんど映んないよ。ドラムとギターは結構映るのに。

で、ハンドマイクのエドゥくんは反り返ったり体を折り曲げたりしながら歌っておりました。うーむ、これはねこまたぎの歌っている時の動きと逆かもしれない。修行が…。 < なにしてるんですか
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

"Rebirth World Tour"視聴中

AngraのDVDが届きました。"Rebirth World Tour - Live In San Paulo"(2001)。

エドゥくんが超かわいくて鼻血もの。 > たった6年前なのに…
でも大丈夫、動きが超・妙で萌えませんから(^^;

DVD撮影のせいか、みなさん黒Tシャツですねぇ。

ということで、今夜は髪の毛ばさっを真似しながら見てます。キコさんはギター弾きながら横に振ってて、邪魔になると後ろへばさっとやってるんだけど、ねこまたぎが後ろにやろうとしても顔にはりついたままなんですけど。うまくいかんのぉ。

DVDの詳しい感想は後日。
タグ:音楽DVD Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

ポルトガル語にするとメタルじゃなくなるね…

Angraの過去アルバムを買おうと思いつつ、"Rebirth"(Acoustic version)に惹かれて先にぽちっとしてしまった"Hunters and Prey"(2002)、これってミニアルバムなんだけど、どれが通常アルバム未収録なのかとか、その辺はよくわからない。
とりあえずですね、表題曲の"Hunters and Prey"の英語版とポルトガル語版が入っているのだが、

ポルトガル語版はメタルじゃないよ

いや、もともと軽い感じの「あ、ブラジル」って感じの曲ではあるのだが…。
英語版はそれなりにメタルバンドの曲だと思って聞けるんだけど、ポルトガル語にしただけで、あれぇぇぇ?
"Caça E Caçador (Hunters And Prey Portuguese Version)"は

違う世界へ飛び立てます(^^;

メタル・バンドのバラードはさ、ドコドコしないけどそれはそれとして聞けるじゃん。なのに、これは何故…。
アレンジは変わってないので、前奏や間奏を聞く限り普通にAngraなんだけどね、歌が入ると…。
おそるべし、言語の力。 < 違?

タグ:Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

DVD紹介 "Rebirth World Tour - Live In São Paulo" おまけ映像編

Angraの「リバースツアー」2001年12月15日のライブ映像を納めたDVD、新生Angra見参、といった内容だ。
ライブ本編の感想はあとまわしで、特典映像の話を(^^;
(ライブ編はこちら

Backstage Via Funchal
ライブ本編の冒頭と同じみたいだ。短いよ。2分半くらい。
サンパウロの会場Via Funchal当日のバックステージの模様を特にナレーションもキャプションもなく紹介するもの。本番前練習に励む(?)ラファエルさんの姿とか、開場を待つ黒Tシャツのファンたちとか。
ANGRA in Brazil
4分半弱。お食事してたり、ドナルド人形に蹴りをいれたり、サイン会してたり…。
ステージ映像やリハーサル風景もちょっとだけ。
終演後のご挨拶時にエドゥくんがキコさんに突き落とされて観客席にダイブしたり(^^;
ANGRA In Orient
日本の巻(2分ちょい)と台湾の巻(2分半弱)が入っている。
街の様子とか現地スタッフとか、楽屋やステージの様子とか。
台湾編はかなり異国情緒に溢れている…。
ANGRA in Studio
「リバース」レコーディング映像だそうだ。5分半くらい。これが一番興味深かったぞ。
レコーディングってキッチン付のコテージみたいなところでやるんですねぇ。
調整室みたいなところで必死にベースやギターを弾いているのは何なんでしょう。練習?それともあの音が本番用?
最後にみんなで輪になってやってたのは、Led ZeppelinのKashmirでは(^^;
ANGRA in Europe
例によってツアー途上の情景(主に仏蘭西?4分半ちょい)と、スペインのRock Machinaでの演奏(Nova Era)とドイツのWacken Open Airでの演奏(Acid Rain)。演奏の音は現地野外ステージ収録そのままらしくあまりよろしくない。
なんかゴーカートで遊んでるし、楽屋の壁に落書きしてるし…。
西班牙では、それまでキーボードは長髪のにーちゃんだったのに、この時だけスキンヘッドの人…。エドゥくんは蜘蛛の巣Tシャツ。"Buenas Tardes, España!”と叫んでいる。
独逸の観客、怖いです(^^; あれ、このときキーボードはいないのかな。映らないぞ。映らないけど音はするぞ…。どこかに隠れているのか?
Band
サンパウロ公演の時にメンバー紹介をやったようだ。
うわー、キコさんがリーダーだったんだ! 知らなかった!! > あんたほんとにファンですか?
ドラムの人のことをタコ男とかいってるし。
エドゥくんの紹介はキコさんがしているんだけど、「エドゥアルド・ファラスキ」っていってたな。Eduardoが本名なのかな。あー、じゃー、もしかしてキコさんももっと長い名前の本名だったりするのかな…。
Picts
音楽に載せてぱらぱらと写真が。ステージ写真もあるがスタッフと撮ったスナップが結構入っている。
“Rebirth”ビデオ・クリップ
前にYouTubeで見たのはこれだった。お茶目なエドゥくんに始まり、ライブの映像のコラージュとか盛り上がる観客とか。
“Pra Frente Brasil”ビデオ・クリップ
ブラジル代表サッカー応援歌だそうだ。曲はヘビーなのにやっぱりポルトガル語で歌うと別世界、ですな。
“Hunters and Prey”日本ライヴ
エドゥくんが爽やかに歌っております。観客の盛り上がりがいまいち。みんなまだ知らない曲だったのかな。
“Baturada”日本ライヴ
メンバーみんなで太鼓をたたいてます。サンバ?
エドゥくんはいまいちぎこちないけど、キコさんのスティックさばきは見事。ギターを背中に回したまま叩きまくり。一方、ラファエルさんはギターをどこかにおいて太鼓に専念。血、ですかね、みなさん。
サンバ・ダンサーが出てきたらどうしようかと思ったけど、そういう展開にはならず。

このDVDを見ている限り、エドゥくんはかなりお茶目でいつも写真写りがよい。ラファエルさんは映りがいいときと悪い時がある。そしてドラムのアキレスさんはオトナでいい人な感じだし、ベースのフェリペくんも精悍な感じ。
が、このあと、またUGAの2006年ライブ映像を見たらフェリペくんは怖くなってたし、アキレスさんはすごく怖い感じになっていた。あー、ステージ上だから? それとも何かキツイ経験を(^^;

タグ:Angra 音楽DVD
posted by ねこまたぎ | Comment(3) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

どこにいるのかAngraファン…

Angraの公式サイトを見に行ってみたけど、ニュースは6月の「アキレスさん、お誕生日おめでとう」で止まっていて、極東の楽器フェアの話は載っていなかった。
日本語ファンサイトもずいぶん前に更新停止しているようだし。(BBSもForumも閉まっているし)

あの、Angraのファンの人ってどこにいるんでしょう?

…2chとかじゃいやだよ、あそこ怖いもん。

仕方ないのでラファエルさん個人のポルトガル語のサイトを見てみた。ここ
お、載ってるじゃん。
なんと横浜だけじゃなくて、名古屋(11/5)や大阪(11/6-7)にもいくらしいぞ。内容は全部ギター教室(Guiter clinic)になっている。その後は香港だ…。
が、どこでやるのかの情報がまったくないんですけど。
Yamaha関係かと思って調べてみたが、ストアイベントの情報無し。
11/3-4は東京となっているが3日のサイン会は楽器フェア(横浜)のはずだが。
はて…。

…フェリペさんの個人サイトはドメイン管理している会社(おそらく)のポータルにすり替わってるし(;_;)

あ、キコさんとエドゥくんには個人のファンクラブってのがあるのねん(^^;

タグ:Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(3) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

DVD紹介 "Rebirth World Tour - Live In São Paulo" ライブ編

Angraの「リバースツアー」2001年12月15日のライブ映像を納めたDVDのライブ本編について。(特典映像の話はこちら
収録は約1時間40分。

なんといってもお膝元ブラジルのサンパウロですからねぇ。MCはポルトガル語ですからねぇ。…字幕ついてないとさっぱりですよ。でも曲の途中にエドゥくんが叫んでいる言葉に字幕はついてないしっ。
同じ内容のCDも出ているけど、倍の値段を払ってもエドゥくんの変な動きやキコさんの曲芸のようなギターを見物する価値はあると思いますよ。
そして、ねこまたぎはラファエルさんの左手薬指の指輪に釘付け < なに見てるんですか(^^;
In Excelsis
インスト。録音音声(多分)。こういう序曲はメタルの定番なんだろうか。
Nova Era
このワールドツアー、一貫してオープニングはこの曲だったようだ。かっこいいねぇ。
今時のライブは、マイクもワイヤレスならギターもワイヤレス。みなさん縦横無尽に動き回る。
コーラスはラファエルさんい任せっきり(^^;
Acid Rain
冒頭、エドゥくんがなにか叫んでいるが、字幕がつかないのでわかんない。「なんとかかんとか、みんな~」といってるっぽい。
途中でエドゥくん、上着を脱ぎ捨てる。ドラゴンっぽい柄がついているノースリーブの黒Tシャツとローライズの皮パン。
ちなみにキコさんは黒のシャツ&ブラウスにGパン。
Angels Cry
曲の前にちょっと長めのMCが入る。アングラが戻って来れたのはファンのみんなのおかげだ、みたいなことを言っている。
キコさんは歌いながら弾いているが、コーラスはさぼっている…。
Heroes of Sand
冒頭、アルペジオだと思ってたら、キコさん、なんか妙な弾き方をしている。指板のところを…。ひーっ! > 曲芸にしかみえません(^^;
ラファエルさんはいつのまにか青いギターに持ち替えていた。何が違うんだろうか…。
Metal Icarus
途中で、エドゥくんが観客に「うぉーううぉー」をやらせる場面あり。
さすがのエドゥくんもこの曲の一番高いところは裏声だったぞ。
Millennium Sun
ラファエルさんのギターが茶色に戻っていた。青いのはぎゅいーんレバーがついていたが、こっちはついていない。
キコさんのほうはずっと黒いギター。
Make Believe
「大切で大好きな曲」という紹介をしていた。セカンドアルバムの曲だ。
Drum Solo
アキレスさんがタコぶりを発揮。
Unholy Wars
ベースのありえないフレーズがはいる。うへー。
あ、キコさん、いつのまにかブラウス脱いでTシャツだけになっていた。ギター&ベースの3人は無地の半袖黒Tシャツだ。
キーボードも活躍する曲なのに、ラグーナさん、ほとんど映らない。
Rebirth
今度は「すごく意味のある曲」だそうだ。そーだよなー。
Time
ギターソロ(ツインギターはソロとはいわない?)のとこなんかみてると、なんかキコさんとラファエルさん仲がよさそうに見えるな…。似たスタイルだけどカラーが微妙に違う二人だからいいんだろうか。
Running Alone
冒頭の合唱のところ、テープはつかわず観客に歌わせようとしている(^^;
この曲の途中でDVDの層が切り替わるため演奏が一瞬とまるのだ。知ってはいたがびっくりするよ、間奏どころかエドゥくんが歌っている真っ最中にポーズ、だぜ。
終盤のロングトーン、最後の高音の前で息継ぎしていた。そーだよな、いくらなんでも…。
ここで一回ブレイク。
Crossing
これは"Nothing to Say"の前振りのインスト。
Nothing to Say
アンコール1曲目ってことかな。エドゥくんがかなり楽しそうに歌っている。クライマックスってこともあるだろうけど、この曲、好きなんだろうか。
最後はステージ前に4人そろってギューンとかやってるし、楽しそう。
Unfinished Allegro
これは"Carry On"の前振りのインスト。
Carry On
「エドゥはにこにこしながらハイトーンを歌う」と世の人たちの嫉妬を買った(?)Angra不滅の代表曲。
このあと、キコさんとフェリペさんのソロ合戦が入る。ギター雑技団(^^;
The Number of the Beast
何故かIron Maidenのカバー。ボーナストラックって感じだろうか。

いやー、ツインギターはかっこいいねぇ。
音の厚いメタルは少なくともライブでは2本以上ないとね。
でも、なんでメンバーにキーボードがいないんだろうね(ファビオ・ラグーナさんはツアー助っ人という位置づけ)。

タグ:音楽DVD Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

また無駄遣い:楽譜編

こんなの、買ってしまった。



いやね、一生かかっても弾けないとは思うだが、なんか欲しかったの。
収録曲がすごいのだ。ほんとにベストだ。
  • Carry On
  • Angels Cry
  • Nothing To Say
  • Wings Of Reality
  • Nova Era
  • Rebirth
  • Spread Your Fire
  • Angels And Demons
  • Freedom Call
  • Hunters And Prey

まあ、"Hunters And Prey"は来日記念盤記念、ってことなんだろうけど。

そんなねこまたぎの夢は、"Rebirth"をピアノで弾き語りすること < ギターではない、決してない
定年したら電子ピアノを買おうと思っている。
…ピアノ、またやりたいんだけど、定年するまで暇がなさそう(^^;


タグ:Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

萌えながら雑誌記事を読むの巻

昨日、Metallion 27号が届いた。2007年のAngra&Blid Guardian来日直前特集号だ。
ねおんさんのところで紹介されていて、おもしろそうだったので買ってみたわけだ。

ねこまたぎはMetallion(Burrn!の不定期特集号ということらしい)を読むのは初めてである。
すげぇ、濃い。

直前のブラジルでのコンサートのレビューと過去の来日公演のセットリストと、インタビュー尽くしである。バンドのことをよく知っている人がインタビューしているようだ。あたりさわりのないそんじょそこらの雑誌記事とは一味違う。

そして、ラファエルさん、しゃべるしゃべる、よくしゃべる。記事になっている以上にしゃべりまくったに違いない。まとめるの、大変だったろう(^^;
後半はキコさんもしゃべるしゃべる。
この2人、ライブ映像で見ると仲よさそうとか思ってけど、実際にも仲いいみたいだな。ギタリスト同士なのに不思議にゃ。

え? "Angel Cry"のドラムはアレックス・ホルツヴァース? って、Rhapsody of Fireのドラマーじゃん!
まだCDのブックレットを読んでなかったのであわてて開く。
あ、クレジットには

 MARCO ANTUNES…drums

って書いてあるのに、Guest Musiciansのところに

 All drums on this album played by Alex Holzwarth

って(^^;
…マルコさん(涙)。職人ドラマー・アレックスさん登場じゃ、出番無しになるわな。でも一応、名前は残ったわけね。

ツアーバスのなかで卒論執筆とは、ご苦労様です > ラファエルさん
へぇ、キコさんて地味な性格だったんだ…。

ギター小僧の生態も垣間見れておもしろかった。

楽器を選んだ時点で性格がばれる、って、がーーーーーーーん! < キコさん、自信を持って断定
でもまあ、フェリペさんもベース・プレーヤーにあこがれてベース選んだわけじゃないみたいだし、安心したぜ。 > たまたま需要があったのがベースってことで
あ、もっともねこまたぎの場合は、Baz兄さんに近い理由かも。ギターは弾けなさそうだけどベースなら… > あ、殴らないでください!

げ、ねこまたぎはフェリペさんのお母様の世代に限りなく近い。あんな巨大な息子… < 違
アキレスさんったら、憧れのミュージシャンにサインしてもらいまくっててほほえましい。あの怖いプレー姿からは想像できん(^^;
エドゥくんには弟がいる、と。メモメモ。

常に自分たちの立ち位置を考えながら進もうとするラファエルさん。
そんなところが好きなのかも、とか思った。
ろっくすたーでもあーてぃすとでもみゅーじしゃんでもなく、デザイナーっていう感じかな、自分たちの音楽を生み出して伝えるってことと、音楽で食べていくってことを両方大事にするあたり。妄想しつつちゃっかり生きるみたいな < ちょっと違?

で、この時点でエドゥくんがすでにアコースティック・ライブについて言及していたけど、先日のラファエルさんの予告どおり2008年に実現するといいな。

タグ:Angra Rafael
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

兄弟ツインボーカルはすごいかも

Angraのエドゥくんには5つ年下の弟ティトくんがいるそうです。
Symbolsというバンドで兄弟でツインボーカルやってたそうな…。

これ、ティトくん?


説明がなくてよくわからないんだけど、SOULSPELLというメタル・オペラ(なんじゃそりゃ)の録音風景の一部みたいです。
で、この叫んでいる人がTito Falaschiらしい…。

こちらはその兄弟でやっているところ。兄貴のエドゥくんはボーカル専任、ティトくんはベースを弾いている。
"Eyes In Flame" (by Symbols) だけどエドゥくんの髪が長いので、おそらくAlmahでSymbolsの曲をやった時のものだと思う。


なかなかいいんじゃない?弟くん。
この夏にAlmahのベースはフェリペさんに譲って、今はFataleというバンドで活動しているらしい。
タグ:Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

Angraも揉めてるんですか!?

ラファエルさんのブログに出ていた記事。(Rafael Bittencort Offcial Website

なんでも、「Angra」の名前の権利を持つ事業主(?)が変わるんだかなんだか…。
事業主とラファエルさんの契約は数ヶ月前に切れてるんだって!

で、彼も他のメンバーもAngraを続ける気ではいるんだけど、新しい契約がどうなるか次第ってところがあるらしい。
げろげろ。
さしあたって、2008年の予定はもうちょっと待っててね、って。

ポルトガル語→英語自動翻訳&ねこまたぎの英語力では難しい話とか微妙な話はわかりません(^^;
だれかちゃんとポルトガル語から直接訳してくださいな(涙)
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

Angra、公式に「待っててね」声明

Angraの公式サイトのニュースに半年ぶりに記事が載った。

12/7/2007 - Angra situation
To our fans, friends and to the press


というわけで、先月、ラファエルさんの公式サイトのブログに出ていたのとほぼ同じ内容だった。
目下、Angraはマネージメントとか運営の方法とか、根幹に関わる変更をしているところで、時間がかかると。
メンバーはみんなやる気でいて、2008年には再スタートするからね、とのこと。

待つしかないわけだな…。
でもやきもきやきもき。


posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

ラファエル&フェリペのお勧め曲

王様のメタルCD(過去記事参照)はその後どうなったかと思って、久しぶりにヤマハのHR/HMサイトをつついてみたら、こんなのが出てきました。

本人選曲!!ANGRA's PlayList

ラファエルさんとフェリペさんが11月に来日した時のやつ。
本人たちのコメント付、とてもマニアックな選曲だ。

Ego Painted Grey (fron "Aurora Consurgens")
Never Understand (from "Angle Cry")
The Shadow Hunter (from "Temple of Shadows")
Hunters And Prey (from "Hunters And Prey")
Gentle Change (from "Fireworks")

↑アルバム聞き込んでいる人じゃなきゃわからないって(^^;
ねこまたぎも"Hunters And Prey"以外はタイトルだけ見ても曲が浮かばない。 > 修行が足りないらしい…

プレイリストを作って聞いてみた。
フェリペさんは小難しい曲が好きで、ラファエルさんは能天気な曲が好きみたいだ(^^;

で、結局王様の「鋼鉄伝説」はまだみたい。権利取得が難航している模様。

タグ:Angra Rafael
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

腰をすえてAngraを聴くの巻

Angraはカラオケ曲を中心に聴いてて、アルバムを聴く順もぐちゃぐちゃだった。
ので、改めて順番に聴いてみることにした。ファーストからCD6枚チェンジャーにぶちこんで通してBGMにしてみた。
気になる曲があるたび、CDプレーヤーでトラック番号を確認してアルバムジャケットを見るの。ちょっと面倒くさい(^^;

"Angel Cry"ってベートーベンでビバルディなんだ、なかなかいいな。
ブラジルっぽい"Holy Land"、好きだな。
"Fireworks"はギターばりばりだな。なんで評判悪かったんだろう。疾走メタル好きには好まれそうなのに。
あ、バラエティーに富んでいる"Rebirth"が一番好きかも。
あ、あ、"Temple of Shadows"もいいかも。
あ~、"Aurora Consurgence"はかっこいいな~。

…結局全部いいんじゃん。
って、これ、リアルタイムに聴いていたら毎回違う趣向に一喜一憂するんだろうなー。
まあ、ここまできちゃえばもう怖いものなしだ。新作が楽しみだ。
新作、出してくれよ~。

で、"Aurora Consurgence"のボーナストラック"Out Of This World"はボーカルがラファエルさんなのだ。ふつーに上手いよ。ブライアン・メイよりははるかに上手いよ < それじゃ褒め言葉にならないな…
ええと、アンドレくんとかエドゥくんとかいった濃過ぎるボーカリストがいなかったらラファエルさんでもいいじゃん、ってくらい。
…まあでも、声の感じ、メタルっていうよりハードロック寄りかな。

タグ:Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

AngraとBlind Guardianのアコースティック・スタジオ・ライブ

2007年3月15日(放映なのかな)のテレビ番組のようだ。
司会の人がRonnieっていうのかな、エドゥくん、ラファエルさん、フェリペさんの三人がアコースティックギターを弾きながら歌っておる。っといってもラファエルさんとフェリペさんが持っているのはアンプ付きアコースティック・エレキ(なんていうんだろう)。
ポルトガル語でしゃべくっている時間が長いのがちょっとつらい。

Part 01(8分):冒頭はずっとおじさんがしゃべっている。1曲目は"Rebirth"。エドゥくん音程とりずらそう…。

エドゥくんの右腕がいつの間にか塗り絵になっています。ありゃ。

Part 02(9分):何故か続きはBlind Guardian。彼らもアコースティックギターと笛とキーボードのアコースティック・スタジオライブだ。
あ、Loud Park 07の映像ではボーカルいまいちって思ったけど、これはなかなかいいぞ。

Blind Guardianは独逸人なので彼らとの話は英語になる、けど何をいっているのかよくわからない。
エドゥくんが何故か彼らのメンバー紹介をしている(^^;
あ、日本にいったとかいう話をしている!(多分、この直前のツーヘッドライナー公演の話かな)

Part 04(9分):何故かPart 03がなくて、04。冒頭は知らない曲、途中で"Angel Cry"ワンコーラス。

ラファエルさんがしゃべくっている間、エドゥくんは暇そうです…。

Part 06(5分):また何故かPart 05が見当たらなくて06。
"Breaking Ties"。かなりノッてきてます。

これでおしまい。
おいしいテレビ番組だなぁ、こんなのが見れるなんて伯剌西爾(おそらく)はうらやましいなぁ。

posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

ふやけながら雑誌記事を読むの巻

年中TシャツなAngraの皆さんは寒い時はどんな格好をしているんだろう、そうだ、日本の冬に来日した時のファッション・チェックだ!
ということで、BURRN!の来日レポートの載っているやつ(2007年5月号)を探していて、目に付いたのがキコさんとムステインさんのツーショット表紙の2006年12月号、思わず一緒に買ってみた。
…同じ業者から買ったら送料をオマケしてくれた♪



これ、大当たりですよ。
Angraのインタビューが盛りだくさん。キコさんとラファエルさんは各3ページ、そのほかの人は各2ページ。とても立ち読みで済ませられる量ではなかった。

巻頭はムステインさんのインタビュー。
Megadethは聞かないんですけどね、話題の人(?)なのでとりあえず読んでみた。
…むむ、彼と接する時はご機嫌というのが重要なのか。
うぉ、この人もヨガを! 衰えないのはヨガのおかげなのか!?
そして、インタビュアーのものすごいヨイショ加減と、ムステインさんのオレサマ具合に笑ってしまいました…。

さて、Angraインタビュー、これ、Metallion 2007年3月号(過去記事参照)と同じ時に取材したんじゃないかな、あちらでメインだった話が小ネタとして出ている。
で、こっちのメインは"Aurora Consurgens"の制作にまつわる話。これもなかなか興味深かったぞ。
その曲はそうなのか~、とか思いつつ、まだ聴き込みが足りなくてちゃんと脳内再生できなかった。もう一度聴きながら読まなくちゃ。

キコさんっておねいさんと弟がいるんだ。真ん中っ子なんだ…。  > と、いらんところにアンテナが立つ
げ、キコさんって左利きだったんだ! こりゃ、「左利きだからピック使えない」なんて言い訳はもう通用しないな(^^;
ラファエルさんは恥ずかしい(?)バラードが溜まっているそうだ。ソロアルバムで放出するのだろうか? 聴きたいような聴きたくないような…。
おや、エドゥくんもソロだとバラードが多いのか。みなさん、Angraの時は妙な気合が入っているのだな。
なんかフェリペさんはみんなに励まされまくって曲を書いたっぽい。ほほえましいというか、あの巨体からは想像しづらいとうか(^^;

で、その号は奇しくも冬のブラジルで撮影した写真が載っていた。

いつものTシャツ姿+ジャンバー

思いっきり普段着ですね。それもねこまたぎの普段着と同じレベル。
先に写真だけ確認した5月号(日本の冬)でもみなさま同じようないでたちでした。はい。
ねこまたぎは、フェイクの皮ジャン買って腰にキーチェーンをつけたらいつでもラファエルさんになれます! > ラファエルさんの皮ジャンはフェイクじゃないとは思うけど

さて、ねこまたぎの読書時間は入浴時間である。
Angraの後になんとルカ兄のインタビューが掲載されてたのだが、これ以上ふやけてもやばいので続きはまた後で。今度は風呂にiPodを持ち込んどこう。
タグ:Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

感謝する相手は…

"Almah" by Edu FalaschiのCDのブックレットを眺めていたら、thanksの冒頭に
My Shining Star Camila
ぶっ!
か、カノジョですかぁ。
ということで、ほかのCDも見てみる > 買ったけど見てなかったのさ
すでに"Rebirth"から登場してますね、カミーラさん。ま、この時は冒頭じゃないけど。
そして"Aurora Consurgens"でも冒頭にMy Love Camila
ってことは、こりゃ、ルカ兄のMy Princess Nadiaとおんなじようなことになってるんでしょうかね。
ぷりんせすって伊太利男め、って思ったけど伯剌西爾男も…、羅典男め…。

しかも、"Primitive Chaos"って曲の最後の一節が
♪You're the sun of the night
You're the spark that sets on fire
You're the shield of my life
You're my shining star
げほげほげほ。 < 何故むせる…


ちなみに、ラファエルさんはmy wife Patriciaになってますよ…。
あら、アキレスさんの奥さんもパトリシア!

タグ:Angra
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | Angra | 更新情報をチェックする