2007年04月27日

Wig Wam印象の謎

思い立ってWig Wamのビデオをいくつか見てみた。
確かに「聞いたことあるようなフレーズ」だ。
ボーカルのグラムさんのビジュアルはジャスティン@The Darkness系だな…。 > もうちょっと健康そうだけど

………………  < 趣味じゃなかったらしい

うーん、某ねおんさん(某?)をバクバクさせるWig Wam、なんでねこまたぎには通用しないんだろう。
悪くはないんだけどなー。

原因を究明すべく、日を置いても一度見てみた。

いいじゃん(^◇^)

な、なんだこの印象の違いはっ!
最初につまんないと思ったアレはなんだ?
2度目に聞いてこんなに印象が変わるバンドもめずらしいぞ。

気になったので、インタビューというのも見てみた。
日本語字幕がつく(日本のTV番組(^^;)
…なんか日本女性に対して誤解があるようだ。
今時の女性はそんなに奥ゆかしくないよ。
今の子は茶髪だよ。 < それでもダークヘアーの範囲なのかな

武道館に来る!っていきまいてたけど、まだカラオケに1曲も入ってないよなー、無理だよなー。

>>>Wig Wamについて
タグ:Wig Wam
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

70年代の秘宝

秘宝館に殿堂入りしそうな70年代のハードロックを3本。
(ちょっと加筆)

"Godzilla" by Blue Oyster Cult。
彼らはメロディアスなハードロックに分類されるのだろうか。
曲は大真面目なんですがね。途中に日本語の台詞が入るだ。
「ゴジラガ ギンザホウメンニ ムカッテイマス」
初めて聞いたときは椅子から落ちるかと思った。
この曲がカラオケに入ってないのはすご~く残念だ。

このビデオ↓は誰かがゴジラ映画をつなぎあわせてつくったものみたいだ。


"Look At Youself" by Uriah Heep。
邦題が「対自核」だったのだよ、この頃って、ねぇ。
このビデオ、やってる人たちが年食ってる…。同窓会ライブか?
オリジナルはもうちょっと鋭いボーカルだったような気が(^^;


"Auf Weidersehen" by Cheap Trick。
2ndアルバムの中で結構好きだったやつ。
Cheap Trickというと甘くてポップなイメージがあるが、今聞いてみるとこの曲なんかは結構重量級だね。確か、ベースのトム・ピーターセンの曲だったと思う。

↓武道館のライブのやつだけど、映像はあとづけかな。それともエンコードが悪いのかな…。


"Surrender"は公式放出のやつがあったが、直張り禁止だったので、リンクを。
ロビンくんが「今週出るニューアルバムの曲でーす」っていってるから、最初に武道館に来たときのものだろう。
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

今一歩なVelvet Revolver

Velvet Revolverを知ったのは映画「ミニミニ大作戦」(Italian Job)のリメイク版(2003)のエンディングで。
Pink Floydの"Money"をやけにかっこよくカバーしているなと思ったのが彼らだったのだ。
で、アルバムを買ってみた。 > "Contraband"

うーん、サウンドは重くて好みなのだが、ボーカルがいまいち軽い。
物足りないなぁ。

ライブならどうかと思って探してみた。そしたら、余計納得いかなくなりました(^^;

その体格で脱ぐな!
そんだけアピールしてそれっぽっちの声かっ!

"Slither"の野外ライブ。


ほんと、ボーカルだけ誰かに取り替えてくれないかなぁ。

で、この人たち、Pink Floydが好きみたいですねぇ。ライブで"Wish You Were Here"をやってるのがあった。が、こっちはそのまんまです。それから、Rolling Stonesの"Angie"もコピーしてた。これもそのまんまな感じ。
ああ、ねこまたぎがお気に入り曲をやってくれるのはいいんだけど、もうちょっとVelvet Revolver味を出してくれてもいいんですけど。

ということで、ニューアルバムは買うかどうか考え中。 > "Libertad" 6月20日発売
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

結局、あっち系

好きなバンドも偏っているが、有名どころのバンドの好きな曲も偏ってたりする。
そもそも知っているアルバムが偏っているからなのだ。たまたま、ラジオで特集していてエアチェック(死語?)したテープをリピート聴きとかで気に入ったり…。

例えば、Aerosmithは"Draw The Line"。好きな曲は"Kings And Queens"。
Rainbowは"Long Live Rock'n'roll"。好きな曲は"Gates of Babylon"。

…代表作とは言いがたい(^^;

が、今、こうして振り返ってみると、あっち系だ。結局そういうのが好きなのか(^^;

Deep Purpleだって一番好きなのは"Child In Tiime"だし、Led Zeppelineだって"Stairway To Heaven"だし(^^;;;;

どうやらハードロックが好きというより、あっちの世界が好きというだけなのかもしれない。

ということで、カラオケに入ってなくて披露できない"Gates of Babylon" by Rainbow、観客いないけど、レコードとは違うライブテイクのようだ。


うーん、ええと、演奏姿を見ないで妄想しているほうが楽しいな(^^;

アルバム邦題の表題曲なのになぁ、カラオケに入れてほしいなぁ。
あ、"Child in Time"のカラオケ、あるな。19分もやるのかなぁ。今度試してみよう、一人の時に(^^;
タグ:Music Video
posted by ねこまたぎ | Comment(3) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

アメリカンな小学生時代

亜米利加ロックといえばこの曲。
"We Are An American Band"(1973) by Grand Funk Railroad

結構好きだったのですよ、この曲。でも、当時自分は小学生のはず。グランド・ファンクが好きな小学生って、ちょっと怖いかも。歌詞はわからないとはいえ、ツアー各地でギャルとどんちゃん騒ぎって内容ですからね(^^;
あ、彼らのビジュアルは知らなかったですよ、もちろん。YouTubeで初めてみました。ドラムの人が歌ってたんだ…。 < 基礎知識です

そういえば、70年代前半で知っている洋楽ってほとんど亜米利加のものだったりする。小学生の頃はベストテン番組を聴いてたから亜米利加もの、中学くらいからはDJ番組を聴いてたから英吉利ものに移行した、のかな。

そして当時から四半世紀後の同曲のライブ。
…誰?あなたたちって感じですね。ギターの人は腕がハムになってるし。
ドラムの人、アフロは自前の毛じゃなかったのか。髪、黒くないし…。

posted by ねこまたぎ | Comment(3) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

歌えない"Heartbreaker"

お気に入りなのだが、カラオケでうまく歌えない曲のひとつ、
"Heartbreaker" by Grand Funk Railroad

あれ、これ、ギターの人が歌ってたんだ。


で、頑張ってみるのだが、なかなかこれが納得いくように歌えないのだ。
ねこまたぎは譜面どおりでない旋律はちょっと苦手。だからR&Bなども苦手。 > レイ・チャールズとかうまくいかない
"Heartbreaker"も、どうにも旋律を辿れないのだ。口も回らないし。
さらに、メロディーではなくボーカルの声色で引っ張るような曲もちょっと苦手。声に厚みがないので、これ系ハードロックもうまくいかないのだ。 > なのでレッド・ツェッペリンは歌える曲とそうでない曲の差が激しい

さて、どう頑張れば、マーク・ファーナーみたいな色気が出せるのか。
…ボディービルでもやって鍛える? < 違
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

やっぱりいいかもVelvet Revolver

Velvet Revolverのニューアルバム"Libertad"の音が出回り始めた。

"She Builds Quick Machines"。なんか西部劇っぽいPVになってる。

相変わらずボーカルはおいといて、この重めのサウンド好きだなぁ。

で、msnで彼らのライブが見れるぞ。2007年5月15日にワシントンCDのナイトクラブでやったやつらしい。なんか16曲も見れる。太っ腹だなぁ。
ニューアルバムの曲もいくつかやってる。
MSN Music in Concert
Total Lunar Eclipseさん経由の情報。毎度参考にさせていただいてます。)
あ、ボーカルの人、以前よりよくなったかも。 > あ、でもその体格で脱がないでほしいなぁ…
しかし、ギターの人の腹が(^^; > これがほんとの太っ腹?

やっぱりアルバム、買おうかな…。
あ、発売日は7月3日に延びている……。(当初は6月中だったはず)

posted by ねこまたぎ | Comment(3) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

いまいち薄味なHelloween

Helloweenってそんなにすごいのかな、カラオケにもいっぱいあるし、トリビュートアルバム↓のアーティストもすごい。



1. Guardians (Rhapsody) ←言わずと知れたRhapsody
2. I Want Out(Sonata Arctica) 
3. Little Time(Heaven's Gate) ←Rhapsodyのプロデューサーのバンド
4. Ride the Sky(Metalium)
5. I'm Alive(Luca Turilli) ←言わずと知れたルカ兄。歌っているのはOlaf Hayerさん
6. Judas(Morifade)
7. Eagle Fly Free(Vision Divine) ←ヴォーカルはファビオさん
8. Savage(Brainstorm)
9. Future World(Labyrinth) ←ファビオさんが昔いたバンド
10. Save Us(Cydonia)
11. Victim of Fate(Squealer)
12. Halloween(Dark Moor)
13. How Many Tears(Secret Sphere)

…Rhapsody関係者が活躍してます(^^;
2000年発売だから、"Dawn Of Victory"の頃かな。
Sonataも西班牙クサメタルのDark Moorもいるし。(あとは知らないけど)

ということで、崇め奉られているHelloweenの元曲も聞かせてもらったのだけど…。
いまいちです。
ねこまたぎにはまっすぐすぎます。
クサメタルバンドに人気なのにクサくありません!
Gammer Rayのカラオケを散々聞いても燃えなかったのはこのせいか。 > 上記、ほとんどカイ・ハンセンの曲…

カイ・ハンセンじゃないほうのボーカルの人(多分)は、そこそこキテルかなと思ったけど、うーむ。

何度も聞いているとそのうちはまるのだろうか。 > "Unia"のように(^^;

トリビュートアルバムの感想は、もうちょっと原曲を聞き込んでからのがおもしろいかも、と思うので後日。

というわけで、(いつの日かに)続く。

posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

どういう基準でカラオケに入るんだか

カラオケになんとCheap Trickの新曲が入りました!
ええと、新曲といっても旧曲です(^^;

Come On, Come On …2nd "In Color"(1977)
On The Top Of The World …3rd "Heaven Tonight"(1978)
Voices …4th "Dream Police"(1979)

あ、どれもCD持ってないや…。

"Voices"だけ、当時のPVをみつけました。


でも、一番歌いたい"On The Top Of The World"はみつからなかった。
うーむ、久しく聞いてないからなぁ、空耳で歌える自信無いなぁ。ぶつぶつ > いずれ散財の運命(^^;

posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

王様のメタルCD

ウェブをつついていたら、王様がこそこそコラムを書いているコーナーをみつけた。ヤマハのHR/HMサイトだ。
Lazy 王様ロック徒然草

なんでも王様の今年の目標は「鋼鉄伝説」なるCDを制作することらしい。メタルである。
が、曲目を見ると、微妙にねこまたぎの中ではメタル未満な曲も…。> LAメタルはメタルに聞こえないんだもん!
  1. 「燃えろ~完全版~」(BURN)/DEEP PURPLE(深紫)
  2. 「変なオジサン」(PARANOID)/Bサバス(黒魔術軍団)
  3. 「医者、医者」(DOCTOR DOCTOR)/UFO(謎の飛行物体)
  4. 「名も無き兵士」(THE TROOPER) /IRON MAIDEN(拷問器具)
  5. 「安息の日々」(EASY LIVING) /URIAH HEEP(偽善者軍団)
  6. 「こってりロージー」(WHOLE LOTTA ROSIE)/AC/DC(交流直流)
  7. 「下積み時代」(LIVIN‘ ON A PRAYER)/BON JOVI(訳せない人の名前)
  8. 「別れ道」(SEPARATE WAYS)/JOURNEY(旅)
  9. 「妖怪・砂男登場」(ENETR SANDMAN)/METALLICA(金属楽団)
  10. 「ぴょん!」(JUMP)/VAN HALEN(訳せない人の名前Ⅱ)

但し、まだこれは予定なので、曲目がかわる可能性もあるらしい。
なんたって、これらをパックっていいという許可を得るという難関が待っているのだ。
「カブトムシ外伝」の時は、オリジナル曲のパクリの許可を得られず、The Beatlesが他人の曲をカバーしたやつだけやったという前例もあることだし。
↓これ、ね。




王様、がんばれ。
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

そしてまたカラオケでAngra

残り少ない夏休み、Angraを集中練習してきました。

歌っている時は"The Course Of Nature"が一番うまくいくな~、やっぱ自分はメタルじゃなくてハードロック向きなのかな~、とか思っていたのだが、録音したのを聞いてみたところエドゥくんの曲よりアンドレくんの曲のがうまくいっているようだった…。
うーむ。

歌のうまい人の曲のが下手というのは…ごにょごにょ…。

日本人の曲も何曲か挑戦してみたのだけど、すこぶる音程が怪しいです。
あー、ニホンゴ、ムズカシイアルネ。

Cheap Trickを歌うつもりだったのだが、なんかサビしか歌えなかった。ああ、やはり散財する運命か。
もちろん、Rhapsodyもカラオケに入っているの全部を歌ってきた。
sonataは3曲でやめといた。 < 祭りは終わったらしい

今日は、配信が遅いので心配な最寄りのカラ鉄に行ったのだが、AngraライブもSonata Arcticaビデオクリップバージョンも無事配信されていた。
が、ご老体のLiveは配信されてなかった。差別? > ニール・セダカとかエンゲルベルト・フンパーディンクとか…

終わったら「トランスフォーマー」見に行こうと思ったのだけど、エネルギーが切れて買い物だけして帰ってきました。
iPodの乾電池充電器を更新。第3世代は対応してないやつが多くて困る。今まで持ってたやつも「対応」って書いてあったのにちゃんと動かないし!
まあ、これで飛行機12時間も大丈夫。2800円で解決だ。…だめだったら28000円のiPod nanoに手をだすところだった。
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

あら便利、インターネットラジオ

iTunesのPadcastとラジオってナニが違うんだろうと思って、ラジオを聞いてみた。
…メタル専用局がみつからなかったので、コメントのところにRock & Metalと書いてあるところをクリック。

いきなりNightwishです。そのほか、まあ、どちらかというとハードロック系が流れてくる。
BGMにしといて、気になった時だけアーティストをチェック。
あ、KORNとかQueensrycheとか、名前は聞くけど別に聞いてみようと思ってなかったやつが流れてくる。
MetallicaとかJudas Priestもやるし。
ちょっとお得かも(^^;

ええと、このラジオ局にマークをつけておくにはどうしたらいいんだろう。そういう機能はないのだろうか…。

そしてねこまたぎはまだPodcastとラジオの違いがわからない < 調べなさい(^^;

posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

1回限りで元が採れるのか? ドリーム・シアター公演

新聞広告に「日本武道館一回限りの来日公演」と書いてあったので、1回なのは武道館ってこと? と思って主催者のサイトを見に行ったら…、

本当にわざわざ日本に来て1回しか公演をやらないようです。

Dream Theaterって他に副業でも持っているのでしょうか > 秋葉原でビジネス・ミーティングとか(^^;

で、そんなのを調べにいってたら見つけてしまった、
PRIMAL FEAR / LABYRINTH カップリング・ツアーが決定


ら、ラビリンスってさ、今どうなってるの?ファビオさんがどうこうっていう話があったようななかったような…。 < 嘘、話が出てたのはAthenaのほうだった(^^;
あ、でもボーカルはベース兼任ですね。ここはひとつ…。 > なんて無駄に妄想しても…。

しかし、Primal Fearの解説がびっしり30行くらいなのに、Labyrinthは10行ちょい(しかも5行はメンバーリスト)ってどうよ?

あ、Velvet Revolverも来日だ。でも行かない。ボーカルのにーちゃんが好きじゃないから。

posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

速いよ、Lordiにしたって

今度、うちのイロモノバンドでこれをやるといっています。

"Bringing Back The Balls To Rock" by Lordi


あ、Lordiの牛魔王はピック弾きだな…。
でも、ねこまたぎは指でいく。こんなに速く弾けるかどうかは、はははははは(^^;
…その前に耳コピできるかどうかが大問題。

花火、やりたいなー。
でも日本のライブハウスじゃ、やらせてもらえないだろーなー。


そしてもうひとつはこれ。
"This is Animetal" by アニメタル


あ、でも全部ややらないよ、おそらく。 > 「破裏拳ポリマー」なんかメンバー誰も知らなかったりするし(^^;

…まだ本番の日程も場所も演奏割当時間も決まってないんだけど…。
posted by ねこまたぎ | Comment(4) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

開拓未遂、Vanishing Point

バンド探しの旅に出ていてひっかかったVanishing Point。
どこかで聞いたことある名前と思ったら…、

映画のタイトルでした。

なんだ、知ってたわけじゃないじゃん(^^;

このバンドの曲をSonata Arcticaがカバーしているのだ。で、本家のほうを聞いてみたのだが…。
これ↓"Two Minds, One Soul" by Vanishing Point


…なんかつまんないんですけど。

納得がいかないので、Sonata Arcticaバージョンを聞いてみた。

カッコさん、かっこいい♪

同じ曲なのにこの印象の違いは何(^^;
とりあえず、sonataは偉大だということで(^^;;;;

タグ:Sonata Arctica
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

とても久しぶり、北浦和Ayers

本日は友達のライブにいってまいりました。 > 浦和まで。遠かった(^^;
久しぶりに見に行ったのだが、相変わらず、というかパワーアップしていた。
基本はロックだが、どこまで真剣なんだか紙一重のパフォーマンスで…、エンターテイメントではある。
最後の曲はステージから降りてきて客席の輪の中でやっちゃうし(^^;

本日の観客には大受けでした。

…30分じゃ短かったかも。

こんな感じです。
ono070923.jpg
見ての通り、70年代で時計がとまっている風。
曲は全部自作(日本語)。
最近は開き直ったのか、バンドなし・録音&ギター1本でやっている。
東武沿線で月2回ライブをやっているそうだ。

興味のあるかたはライブの案内を送るのでメールをちょーだい、だそうです。

 小野隆晃 ono-takaaki-555=at=ezweb.ne.jp(=at=のところを@に換えてね)

ちなみに、馬頭琴はとっくの昔にギブアップしてしまったそうだ。
…厚底ブーツは渋谷で買ったそうだ。やっぱ、ねこまたぎも渋谷へいってみるか…。
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

ナニを迷っているんだか、Kamelot or Stratovarius

先日、「Kamelot、いってみようか」などと思ったのだが、カラオケでStratovariusをぶっつけでやってみたら結構歌いやすかったので、ちょっと揺れているねこまたぎです。

問題がいくつかありまして…。

Stratovariusはキャリアの長いバンドである。カラオケ曲を調べてみたらファーストからちょろちょろあって、ベストアルバムではカバーしきれてなくて、全部買ったら11枚。
これはキツいですね。(カラオケに関係あるのは7枚だけど)
でもUGA中心に入っているので、練習には都合がいい。(UGA9曲、DAM5曲、Joy3曲)

Kamelotのほうは古い曲はカラオケに入ってないので、対象アルバムはStratovariusの半分くらいですみそうだが、新しめの曲はHyperJoy中心に入っているので練習に困るのだ。近所にJoyの店がない…。(Joy5曲、DAM4曲、UGAには1曲も入っていない)

…歌うための新規開拓だったわけじゃないんだけど(^^;
……やっぱ歌って楽しそうなのはKamelotかな > Stratovariusは素直すぎる…
………あ、でもKamelotは音域が低すぎるかも > いずれ両方ってことになるか……

posted by ねこまたぎ | Comment(3) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

Remain The Same, 同じものを繰り返し…

レッド・ツェッペリンのDVD「狂熱のライブ」(Song Remains The Same)がデジタルリマスターで出るらしい。
1973年のライブを中心に「ライブ映画」として制作したものだそうだ。

待てよ、これって前にも見かけたなと思ったら…



こんなに何回も出てやがる。
これだけでいくら稼ぐ気ですか(^^;
タグ:音楽DVD
posted by ねこまたぎ | Comment(3) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

結局行きます、Loud Park 2007

関係ないやと思っていたLoud Park 2007、日曜のチケットを買いました。

埼玉まで遠いし、アリーナでごちゃごちゃするの嫌だし、知ってるバンド少ないし、

なんて思っていたのだが、なんと土壇場になってAndre Matos出演と…。
8月にもプロモで来日してたよね、ブラジル遠いのに(航空券も高いだろうに)、アンドレ君、日本好き?

もちろん、アンドレ君だけだったらたった1時間弱のために埼玉くんだりまでいきませんって。
Wig Wamも見てみたかったのだ。
ついでにTeslaとSaxonも見てみたいのはやまやまだが、なんとその日は2回しかないバンド練習の1回目だったりするのだ!
Wig Wamが終わったら速攻で帰らないと間に合わない。
しかも、家まで帰っていると間に合わないかも知れないので、ベース持参ででかけなければならないかもしれない。
とほほほ。

初回の練習はぞうさんベースだけ持って行こう、あれならコインロッカーに入る。
それには、ぞうさんで練習してみないと…。 < まだやってない(^^;
…ぞうさん、小さいけど重いんだよな…。

というわけで、金で解決するオトナはいちまんさんぜんえん払いましたよ。
チケット、まだ全然余裕だよ。もしかして会場、前の方にだけ人が圧縮されててあとはガラガラ?
整理番号も書いてないからいついっても同じ?
アリーナの中にステージが横に2つ配置されてるけど、それって、しきりがあるの?
…システムがさっぱりわからん
タグ:Andre Matos
posted by ねこまたぎ | Comment(2) | TrackBack(0) | HR/HM | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

ベタベタ歌唱考察

ねこまたぎにとってボーカルの基準はフレディー・マーキュリー(Queen)である。
フレディーはじっくり聞いてみると、癖の強すぎる風貌に比してとてもまっすぐな歌い方をしているのである。
…超まっすぐなカレン・カーペンターと比べてしまうと曲者ではあるが、それでもひとつひとつの言葉をはっきり発音していて、ずりずりしてたりぬたぬたしてたりはしない。
さらに言うと、ねこまたぎはJ-POPにありがちなほにゃらか歌唱が嫌いである(古くは佐野元治とか大滝詠一とか。今で言うと…知らん)。実はあのほにゃらか歌唱は真似し易く、しかもなりきり感がありとても危険なのだ。

でもメタルのベタベタ歌唱は問題なしなのだ。
ほにゃらかとベタベタはナニが違うのか?

気合だ!

と、思う…。

そんな安易な、とおっしゃらずに。
小柳ゆきだって多少ほにゃらかな発音の時があっても気合が入ってるから好きだし、中島美嘉はデビュー当時は好きだったけど今は気が抜けた感じがしていまいちだし。やっぱり気合だよ。

ベッタベタといえば筆頭ファビオさん(Rhapsody of Fire)。彼の場合は声そのものが厚いのでそれだけでも十分暑苦しいのだが、さらに語尾にベタベタ感があるのだ。もうこれは誰も到達できない世界だ。
…そのファビオさんも時にはとても軽やかに歌っていることがあって、そんな時は悶絶してしまうのだった…

最初の頃、Angra聞いてて、アンドレくんとエドゥくんの区別がつかなかったねこまたぎだが、今ならわかる!
アンドレくんはベッタンベッタンなのだ。短いフレーズが投げやり、かつ語頭が裏返る。裏返しは真似しづらいが投げやりは真似し易い。あまり真似しすぎると下手になるから注意だ。
エドゥくんは声に幅がある。そして1フレーズの中でも声のトーンが可変なのだ。これは凄すぎる。そこでそうひねるか、ぎゃーっていう感じ。 > 真似できない
この人はベタベタというよりは「べトン!」ですかね。
…エドゥくんも耳を疑うくらいさわやかな時があり、やっぱり悶絶してしまうのだった…

そして新たなベタベタの騎手はカーン様(Kamelot)だ。 < なぜ「様」?
あちらこちらのレビューで「男の色気」と書かれているカーン様の歌、ねこまたぎなんぞが歌ってしまっていいのかと思うけど…(歌うけど)。
彼の場合、歌い方は別にベタベタしていなと思う。声がムンムンなのだ。そういう意味ではフレディーに近いものがあるかもしれない。なので、ねこまたぎには歌いやすいのだ。
おまけに、Kamelotの曲はねこまたぎが予期した方向に展開するのでさらに歌いやすい。Rhapsody of Fireみたいにソルフェージュ(読譜訓練)じゃないのだ。

というわけで、日本人にしてはわりとベタベタしているアニメタルの坂本さんも好きだ。

あ、ANTHEMって坂本さんのバンドじゃん!

Loud Parkに出るよ、初めてだよ、ホンモノ見るの…。 > 楽しみがいっこ増えた(^^;

タグ:Kamelot Angra FABIO
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(1) | HR/HM | 更新情報をチェックする