2017年11月11日

雑多ネタ:Saga祭り、とか

やっぱり自分はSaga的なものが好きなんだ、と感慨にふけっているねこまたぎです、こんにちは。

Rhapsody の公演、堪能して…。
ファビオさん、持ってるものが違うなー、と感じた4日間でした。
Angra 、Rhapsody Of Fire と見てるけど、いままでで一番カッコよかったし、美しかったと思うのです。歳いってからのが美麗って凄いよな。
素敵な曲の数々を作ってくれたLuca Turilli氏とAlex Staropoli氏に感謝。

よし、いつかはっぴょうかいでは、"The Wizard's Last Rhymes"をやろう! 10分の曲を6分以下に縮めなくてはならないので、コツコツ準備しないと。

ライブの合間に「Thor: Ragnarok 」を見たのですが、いやー、これも面白くてね。
「ロード・オブ・ザ・リング」や「ジュラシック・パーク」の俳優さんがゾロゾロ出てくるのですよ。> ガラドリエル様、エオメル、ファーブニル、グラント博士、マルコム…
ソーのテーマが今風にアレンジされた「移民の歌」だし!
ソーの胸板もロキのロキらしさも堪能できたし。
過去作ネットレンタルできるんで、復習してからもう一度観たい!

劇場での予告編では、次のマーベル作品にビルボがでてきてました。ここにもかー。

ただね、「スター・ウォーズ」の新しい予告編が全くそそられなかったのです。大丈夫かな、名前負けかな。
「ジャスティス・リーグ」の新しい予告編もあったのですが、前のやつのが好きだな「で、あんたはどんなスーパーパワー?」「I'm rich」ってとこ。

といったところで、密林レンタルで見ちゃいましたよ、「Thor」「Avengers」「Thor: Dark World」。1作200円くらいで観れるって、スタバのコーヒーより安いぜ。
…いろいろと自分の記憶の不備を発見(^^;
あと、「Thor」だと胸板サービスがあり、「Avengers」だと無いらしいという発見も。
もういっこ、「Avengers: Age Of Ultron」も見ておこうと思います。
タグ:FABIO Rhapsody
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | よもやま話 | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

Rhapsody 2017 4日目 2017年11月9日@梅田CLUB QUATTRO

Rhapsody 20th Anniversary Farewell Tour 4日目、最終日
1日目・東京2日目・東京3日目・名古屋/4日目・大阪>*ちょっと加筆訂正有り

なんか自分がやるわけでも初めて見るわけでもないのに緊張するなー。

大阪は会場近くに宿をとったので、コインロッカー使わずに厚底ブーツでのっしのっしと会場へ。
グッズ販売は17時半までだったようだ。(東京は17時45分くらいまでだったような)
エレベーターで会場階まで上がった後、例によって階段に並ぶために3階分くらい下る。
わりとみんなテキトーに階段待機。
10番区切りで呼ばれて入場。
おっと、ここはペットボトルあった、330mlの水だけど。

梅田のクアトロの舞台は名古屋よりは広いが、低めなので距離が近い感じがする。

会場内、段が2つあってまだ塞がってなかったので高みの見物できそう。
…だがしかし、前に詰めてしまいました、女子溜まりの3列目。
……だがしかし、彼氏がやってきて少し窮屈に。
そして始まったら隣の男子が2列目に突入(@0@) 
男子が前にきたら厚底ブーツといえども見えないじゃないかー!
高みの見物にするんだったと一瞬後悔したが、さらに後ろにいた女子が突入して、男子は3列目の元の位置に。あらま(^^;)

というわけで、視界はまずまず。
今日は位置のせいか、いままでで一番ギターがよく聞こえた! ルカ兄とドミニクさんの早弾きハモリもばっちり。
わたくしの前方女子は、突入した人以外は大人しめだった。
なんか、ルカ兄の早弾き時は手を振り上げたりせずガン見というか…。ギター女子の溜まりだったのだろうか。

ルカ兄は毎日違う黒Tシャツだった。
ドミニクさんは、今日はもしかして、スタッフTシャツ?

大阪、ウォーウォーが少なめ。名前コール少なめ、ノリ方が違う。そこはファビオさん、臨機応変、ちょっと違う振り方してみたり。

おっと、出た、ファビオさんのオペラタイム。
おっと、スゲー、マイク無し!
フロアの皆の衆にも歌わせる。皆の衆、頑張った!
「♪ビンチェロー」って言わせてたので、プッチーニの「誰も寝てはならない」でいいのかな。(東京公演の後、調べた)

メンバー紹介の時、ルカ兄は、プレステ4とXboxどっちが好きか?と、手を上げさせてた。
ファビオさんは幼少のみぎりニンテンドーはもちろん、SEGAサターンが好きだったと言ってたような。

セットリストは同じだけど何回聞いてもいいものはいい!
ファビオさん、"Land Of Immortal"の高音部はフェイクしちゃうけど、中音域の太さと音圧が圧倒的。
高音、他の曲では出しているので出ないわけじゃないと思う。バラードも素晴らしいし、ロングトーンも凄いけど、技巧しゃなくて、ドラマチック骨太歌唱がサーガなんだな、うん。

最後の最後は、"Holy Thunderforce"に続いて、「Power Of The Dragonflame」の最後の部分で終幕。(訂正:最後じゃなくて冒頭の"In Tenebris")

ああ、終わってしまった。
もうファビオさんでRhapsody が聞けないのかと思うと…。
Farewell Tour 、やってくれてありがとう。

ルカ兄は今度は是非、アレッサンドロさん連れてLuca Turilli's Rhapsody でも来てください!

posted by ねこまたぎ | Comment(0) | Rhapsody of Fire | 更新情報をチェックする

Rhapsody 2017 3日目 2017年11月8日@名古屋CLUB QUATTRO

Rhapsody 20th Anniversary Farewell Tour 3日目
1日目・東京2日目・東京/3日目・名古屋/4日目・大阪>*ちょっと加筆訂正有り

名古屋のクアトロに来るのはAngra以来2回目のはず。だが、前回のことは下見に来たらリハの音が聞こえたことくらいしか覚えていない。
コインロッカーが上階にあったが、前回は地下のPARCOのロッカーを使った。工事中だったのかな。
ライブ会場と同じ階に映画館があって、そこの喫茶コーナーでお茶できる。
…あれ、前回は違うとこでお茶した気が。
変わったのか記憶がヘボなのかいまいちわからない。

例によってクアトロは東京も名古屋も(確か大阪も)階段に並ぶ。「前後の人と番号確認して並んでくださーい」という呼びかけに素直に従う人々。
…O-East はかなりいい加減で、整理番号チェックしないので「1番から5番までの人!」と言ったときに6、7人くらいドヤドヤ列に入ったけど、アレ、いいのかな。

で、名古屋のクアトロは撮影厳禁でした。東京公演は、動画以外はお目こぼしだったけど。
ドリンクにペットボトルがなくてプチショック。

舞台狭ーい。これじゃ昨日までの勢いで駆け廻れないねー。
…でも、駆け廻ってました、ルカ兄。
舞台近ーい。ファビオさんにマイク向けられる人、多数。

3公演連続で2列目なわたくし。整理番号には差があるのになんでこうなる?

東京も名古屋も歌うよ、"Emerald Sword"!
ファビオさんは3曲目くらいから調子でてきた感じ。というのもみんなが歌いすぎるのでボーカルがよく聞こえないというのもあるんで。
後奏を省略してファビオさんの歌い上げで終わるパターンがわりとあるのだが、ビブラート引っ張り加減は東京のがあったかも。
比較してクアトロの舞台は音が聞こえにくいのかもなー。
でもでも、歌声の迫力は衰えることなく。やっぱ、Emerald Sword Saga はファビオさんじゃないと歌えないよ。

ルカ兄のギターは黒、ドミニクさんのギターは紫。時々袖に引っ込むけど、ギターを持ち替えてはいなかったと思う。
早弾きギタリストはネックを縦めにして、抱えて持つんだな。ハードロックの人やVの人とは違う持ち方みたいだ。

今日はフロアとの距離が近いせいか、ファビオさんのMCにも変化が見られる。
なんか母国伊太利亜をdisってたようだが、そんなことないよー、伊太利亜のお料理サイコーだよー。(通によると「イタリア料理」というのはなくて、数多の郷土料理があるのだそうだ)

"Dawn Of Victory"では、「グロ〜リア〜」のところで、弦楽隊が揃ってネックを縦に突き上げる。よくあのポジションで弾けるなー。
(ギター永遠の初心者のわたくしは、ちょっとでも構え位置がずれたら弾けません(^^;) < 一緒にすんな)

あとなんだっけ。
そういえば、昨日終演後に「いろいろ凄いけどベースが衝撃だった」って言ってた人がいたな。確かに。パトリスさんの凄さはCDじゃわからない。見るとびっくりする。低音をガナるだけのベースもたくさんいるけど、パトリスさんは粒のはっきりした音を出すよね。> 指弾き

いずれの日もそうだけど、まわりの人みんな嬉しそう。そして曲をよく知っている。
幸せな時間だー。

そして楽しみは最終日へ。
…いままでより整理番号が悪いんだけど、見えるところに付くことができるのか…。

posted by ねこまたぎ | Comment(0) | Rhapsody of Fire | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

Rhapsody 2017 2日目 2017年11月7日@TSUTAYA O-East


Rhapsody 20th Anniversary Farewell Tour 2日目
1日目・東京/2日目・東京/3日目・名古屋4日目・大阪>*ちょっと加筆訂正有り

セットリストは同じなので小ネタを。

ギターの音は、やはりPAスピーカーから出してるみたいだ。ルカ兄側にいたら、彼のギターが反対側にいた時より聞こえた。

ドラム以外のみなさんは、イヤーモニターしてないように見えたがそうなの?
足元にモニタースピーカーはあったけど、あれ、近年のバンドでは足置きとかセットリストやエフェクター隠しになってたりだけど、真っ当に機能していたということだろうか。

1日目の記事にお衣装で「運動靴」と書いたがそうではなかった。ファビオさんはショートブーツ、弦楽隊は革のウォーキングシューズみたいなやつ。
駆け回っていることに違いはない。

ドミニクさんはニッコニコで、サビは歌いながら(声を出してるかどうかは不明)笑みを振りまく。天使キャラ(*⁰▿⁰*)
そのドミニクさん、胸板がすごく厚いのだが、腹はそうでもなさそう。…ギターに隠れて見えない。不思議な体型。

"Symphony Of Enchanted Land”の曲紹介の時にファビオさんが「日本で初めてライブでやる」と言ったら後ろからドラムのアレックスさんが「昨日やったよー」とツッコミ。そこ、ツッコむところじゃ(^^;)

ドラムのアレックスさんを、ファビオさんは毎回「アレキサンダー」と紹介していた。通称使わないんだ。敬意?
そのアレックスさん、バンド内では年長組のはずなのに、ほぼ出突っ張り。体力は年齢じゃないんだ。

アレックスさんのドラム、曲の変化の入りがとてもわかりやすい。
わたくしでもタイミングわかるくらい。Rhapsody はしばしば曲調もリズムも変わるからねー。
…これに慣れちゃうと、Angra は辛いだろーなー。

ドラムのソロの時、バスドラの透明窓からバチや足の動きが見える。…人間技とは思えない(^^;)

ドラムソロとベースソロタイムはあるのだが、ギターソロタイムはない。曲中で十分にソロしてるってことかな。

なんと、2日目はファビオさんのオペラタイムあり!(曲は知らない、ごめんなさい)
ルカ兄がなにやら日本のアニメだと言って口ずさんでた、あれは何?

ファビオさん、初日より集中して曲に入り込んでる気がした。
…観るほうに余裕ができてそう感じただけかもしれないけど。

ウォーウォーとヘイヘイ、今日のフロアはわりと自然な流れだった。オーディエンスも慣れてきたか?

舞台上が走り回るもんだから、写真係しているMiMiさんも撮影エリアで右に左に走りっていた。お疲れ様。

お楽しみは3日目に続く。


ーーー追記ーーー
ステージ左右のドラゴン幕の後ろにスピーカーはなかった。
オペラタイムの曲はプッチーニの「誰も寝てはならない」
日本のアニメは「鋼鉄ジーグ」だそうだ。
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | Rhapsody of Fire | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

Rhapsody 20th Anniversary Farewell Tour 2017年11月6日、TSUTAYA O-East

Rhapsody 20th Anniversary Farewell Tour 、日本公演全部行くよー。
<1日目・東京/2日目・東京3日目・名古屋4日目・大阪>*ちょっと加筆訂正有り

2011年からRhapsody Of Fireはルカ(Luca Turilli)組とアレックス(Alex Stropoli)組に分かれてアレックス組がRhapsody Of Fireの名前を継いで活動しているのだが、今回ルカ組ベースに旧メンバーのボーカルFabio Lione とドラムAlex Holzwarthをいれて、Rhapsody Reunionチームで「昔の名曲やるよ」ワールドツアーに。
20周年記念だそうだが、なんだろう、ルカ兄、新しい活動にも飽きたのか(*⁰▿⁰*)
まあ、分裂前のライブを観れてない身としてはうれしいんだけど。

アレックスさんも誘われたそうだが、断わったって。ファビオさんが抜けた新メンバーでRhapsody Of Fireのツアー中。あっちもこっちもは無理だよね。

ということでまず東京公演。(2017年11月6日、7日;TSUTAYA O-East)

初日はTシャツを買いに早目に。
販売開始ちょっと前に到着、ちょっとした待ち行列ができていた。
誘導係の人が警備の人に看板指して「メロディアスで聴きやすいですよ」みたいな説明していた。

難なくSサイズのTシャツげっと。先行販売の列は15分くらいではけた感じ。以降は並ばなくても買える感じ。
コインロッカーが心配だったけど、外のやつも、入場前の階段下のも空いていた。駅は要人なんちゃらでみんな閉鎖だからねー。

今回はいつも先に入って場所確保してくれるお方がいない。100番台だしなー、と心配だったけど2列目につくことができた。今日はゴスロリ靴ではなく、厚底ブーツのほう。視界良好。
自分は前に詰めているので、会場の入りがどれくらいだったかわからない。最前列真ん中辺にはキャミ風とかワンピ風とかでオンナを強調するおねいさまがたがいらした。

舞台はドラムセットが真ん中にでーんとあり、マイクスタンドが真ん中に一本あるだけのシンプルなもの。
キーボードいないし。
アンプは両サイドに舞台中央を向いたやつが見えるだけ。左右のドラゴンの幕の後ろにもあるのかな。

アルバム「Symphony Of Enchanted Lands」再現だとすると、冒頭に"Emerald Sword"だぞ、あとどーすんだ?
…敢えてセットリストの予習はせず、臨む。

ほぼ時間通りに開演。
わー、やっぱいきなり"Emerald Sword"!
みんな歌う歌う、ファビオさんの声が聞こえないくらい歌う(^^;)

ステージ上はみなさん、黒Tシャツにデニムのパンツに運動靴ないでたち。ファビオさんはいつもはシャツブラウスにオシャレパンツなのだが、今日は超シンプル。
そしてみなさん、お歳のわりには、ビール腹でない!
パトリスさんなんか修験者のようで、大丈夫か?病気してないか?とか思うくらい。
ルカ兄も、ふっくらしてきているというイメージがあったのだけど全然そんなことなく。
ファビオさんもなんか顔痩せした気が…。
…痩せるほど特訓だったんですかー?

わー、"The Wisdom Of The Kings"はもちろん、みんな"Eternal Glory"まで歌うぞ、すげー。

曲のキーボードやコーラスは録音なのだが、キーボードが目立つところでHolzwarth氏のドラムさばきがカッコよかった。

げ、いきなり"Knightrider Of Doom" がはさまる。これはアルバム「Power Of The Dragonflame」だよね、なんでここで。

そのあと、はじめてライブでやるバラードだよと"Wings Of Destiny"。「Symphony Of Enchanted Lands」に戻った。
ちょ、この美しい曲で手拍子させないでー。じっくり聴きたーい。
ほかも、会場がウォーウォー歌っているところで、ヘイ!ヘイ!させるのもどうかと。
盛り上げたい気持ちはわかるのだが、もう少しノリをフロアに委ねてもらえるといいかも。

ルカ兄はライブ映像では目立たないという印象だったのだが、なんだかものすごく駆け回る。まるで休み時間の小学生のように(・∀・)

アルバム最後にしてタイトルトラックの"Symphony Of Enchanted Lands"、お、ファビオさんが朗々と歌うところもやってくれるぞ、女声だけのところもやってるぞ、すんばらしい!

アルバムが一段落したらヒットパレード(?)だ。
うぉ!まさかの"The Wizard's Last Rhymes"、この曲がライブで聴けるとは!\(^o^)/

ああ、ギターは言わずもがな、パトリスさんのベースもファビオさんのボーカルも素晴らし過ぎる!

怒涛の"Dawn Of Victory"でいったん幕引き、怒涛のRhapsody コールでアンコール。

「みんな、歌おうぜ」で"Holy Thunderforce"は早口過ぎて無理がある、けど、「ほーりー、さんだふぉーす!!」だけはみなさん叫べてた。

終幕後もRhapsody コール止まず。
最後の最後にメンバーが舞台から手を伸ばしたところで後ろからの人に跳ね飛ばされたけど、ライブ中は全く押されなかったし、良しとしよう。

もっとルカ兄のギター前面のライブかと思ってたんだが、終わってみればファビオさんボーカル・オンステージなライブだったような。
音響のせいかな。
始めは耳栓してたのだが、途中から耳栓はずしても大丈夫な音量だった。おかげでクリアなボーカルが聴けた。

この楽しみ、2日目に続く。


setlist: Rhapsody 20th Anniversary Farewell Tour in Japan, Nov. 2017
  1. Epics Furor (intro)*
  2. Emerald Sword*
  3. The Wisdom Of The Kings*
  4. Eternal Glory*
  5. Beyond The Gates Of Infinities*
  6. Knightrider Of Doom
  7. Wings Of Destiny*
  8. The Dark Tower Of Abyss*
  9. Riding The Winds Of Eternity*
  10. Symphony Of Enchanted Lands*
    --- drum solo ---
  11. Land Of Immortal
  12. The Wizard's Last Rhymes
    --- base solo (back music from "Queen Of The Dark Horizons") ---
    --- members introduction ---
  13. Dawn Of Victory
    encore:
  14. Rain Of A Thousand Flames
  15. Lament Eroico
  16. Holy Thunderforce
  17. In Tenebris (outro)

*印はアルバム「Symphony Of Enchanted Lands」

"Heroes Of The Lost Valley"は、笛メインのインストなのでパス、なのかな。


Tour Member:
Luca Turilli (guitar)
Fabio Lione (vocal)
Dominique Leurquin (guitar)
Patrice Guers (bass)
Alex Holzwarth (drums)
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | Rhapsody of Fire | 更新情報をチェックする