2022年06月09日

雑多ネタ:ロックといえば、とか

頭の中がケノービ祭りなねこまたぎです、こんばんわ。レイアがよいわ、子供の頃からこうなのねー。これは立派な議員になるわなー。
ダース・ベイダーの声は、最初のベイダーからずーっと同じ人。御年91歳だそうだ。わーっ! 
そしてベイダーをヘイデン・クリステンセンがやる意味がわからない(^^; 全身甲冑装着だし、甲冑つけてないときは全身特殊メイクだし。もう、声の人だけで十分ベイダー。
(Disney+配信中「オビ=ワン・ケノービ」)

そういえば今日はロックの日なんですね。語呂合わせなので日本だけだよね。「一般社団法人日本記念日協会認定」らしいけど、その社団法人、どのように運営されているのかよくわからない。ぐぐっても詳細が出てこない。もしかして代表理事一人でやっているのでしょうか?

ロックと言えば、スージー・クアトロ。

"Suzi Q" offcial Trailer


ドキュメンタリー映画です。DVDはもう出ているんだけど、配信はされていない。見たいなー。うーむ。


メタルのおねいさんたちが、ロード・オブ・ザ・リングごっこをしてました。

"May It Be"(LOTR) by The Dark Of The Moon feat. Charlotte Wesseles


わたくし、Enyaの原曲をうまくうたえないのですが、こうしてしまえばいいのか。 < 違


posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | 更新情報をチェックする

2022年05月29日

雑多ネタ:待つわ、とか

アコースティックライブでギター弾き語りをするつもりでしたが挫折しかけているねこまたぎです、こんばんわ。
すごーくかんたんなパターンなんだけど、うまく弾けない、というかちゃんとした音が出せないです。左手がやばい、押さえられない。右手も空振りする… > そして別の曲のピアノの譜面をづくりに逃避

Avantasiaの新作が出ました。といってもシングルです。ボーカルはラルフさん(Primal Fear)です。サメットさんも歌ってますが。

"The Wicked Rule The Night" by Tobias Sammet's Avantasia feat. Ralf Scheepers



うむ。アルバムもあるよね、これからだよね、楽しみ。

オビワン・ケノービの公開日が、フォースの日じゃないのはなんでだろうと思っていたら、米国での「スター・ウォーズ:セレブレーション」の日だったようです。
そのお祭りでいくつか発表がありました。
『キャシアン・アンドー』2022年8月31日配信、12話 < 多い!
『マンダロリアン3』2023年2月配信 < 待ち遠しい
『アソーカ』2023年配信 < そんな先だったのか
『スケルトン・クルー』2023年配信 < きーてねーよ、っていう新作

ええと、古いジェダイの話と新共和国軍の話はどこへいった? バッドバッチは?
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | 更新情報をチェックする

2022年05月07日

雑多ネタ:クラシックもほじれば、とか

夏にダウンロードフェスティバル(メタルの祭典)をやりそうだと聞いてもときめかないねこまたぎです、こんばんわ。まだ幕張メッセでわさわさする気にはなれないなぁ。来日のメンツもいまのところねこまたぎの射程内じゃないし。まあ、無事に開催されて実績残していただきたいところですが。
https://www.downloadfestivaljapan.com/

知り合いから、パーセルがいいかもしれないと聞いて、YouTubeを漁っていたら、アニー姐さんが出てきました。

" Dido’s Lament" by Annie Lennox with London City Voices


うん、教会音楽っぽいこういうの、好きです。
ヘンリー・パーセルのオペラ「ディドとエネアス」の中のアリアだそうです。お話は、トロイの王子とカルタゴの王女がどうのこうと、というやつのようです。

で、パーセルに関しては、私が知っていたのはブリテンのコレだけでした。

「青少年のための管弦楽入門- パーセルの主題による変奏曲とフーガ 作品34」(ベンジャミン・ブリテン) ネヴィル・マリナー指揮 at NHKホール、1979.5.25


これ、N響かな。
義務教育の音楽の時間に聞かされた中で唯一、気に入った曲、だったかも。
パーセルの楽曲のCDの何かを買ってみようかなと思って調べたら、ベスト盤がamazon primeだとタダで聞けるみたいです。うん、ちゃんとヘッドホンしてストリーミングを聞いてみましょうか。
タグ:Annie Lennox
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | 更新情報をチェックする

2022年05月05日

復習するけど学習じゃない、とか

新作みたらまた復習ネタが増えたねこまたぎです、こんにちわ。「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」を見てまいりました。あ、これ、Disney+のみの配信作を見てないとちょっとつらいかも。"WandaVision"とか"What if..."とか。
実写版○○を見たと騒ぎたいところですが、ネタバレになるよね、予告編に出てないよね。
あと「インヒューマンズ」を見とかないといけないっぽい。「ファンタスティック・フォー」は全部みたはずですが、どれのネタだかわからなかったです。あの人、ヨアン・グリフィズにもマイルズ・テーラーにも見えなかった…。ついでに、アニメのアメリカ・チャベスのところを見ておこう、アニメでは少女じゃなくてもうちょっと大人だった気がしますんで、映画のあとの話なのかもしれないですが…。

映画館、コロナ禍でずーっと3D上映がなかったんですが、やっと再開です。でも、IMAXの3Dメガネが従来のじゃなくて、他の映画館と同じような偏光メガネになってました。調べてみたら、偏光のさせかたにもいくつか方式があるようで、「同じ」ではないようですが…。

Avatarの予告編を3Dでやってました。それがですね、”CGで作った3Dです”感満載で、いまどきこれはないだろうと思いました。12月公開の予告編だからクオリティ低いやっつけ仕事なのでしょうか? それともわたくしの目が肥えてしまったのでしょうか。
「シン・ウルトラマン」はまたしても政治劇なんでしょうか…。

気になるドキュメンタリー「スージーQ」は、ねこまたぎの行動範囲ではロードショーがないみたいです。配信でやるかなー、やるといいなー。Suzi Quatroの話です。

posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | 更新情報をチェックする

2022年05月01日

雑多ネタ:亜米利加人の英語に追いつけない、とか

普段、非英語国の人が英語で歌う曲ばかり聞いているので、LA Metalが歌えないねこまたぎです、こんばんわ。LA Metal、一見能天気で簡単そうなんですが、実は言葉数が多かったり、言葉のリズムのとり方が独特だったりで技巧を要するんです。

先日のオープンマイクの話を再び。
"American Pie"を歌った方がいました。これ、ねこまたぎがカラオケで挑戦して玉砕したやつです。
1970年代・80年代のヒット曲は、歌詞がでれば、刷り込まれた記憶を頼りに結構歌えるものなのですが、この曲は歌詞の量が半端なく多く、フレーズのとり方のバリエーションが多く、脳ミソと口がまったく追いつかず…。それを、オープンマイクというぶっつけ本番で軽やかに歌ってしまうとは! しかも、この曲はテンポ変化があったりタメがあったりで、オープンマイクでやるには難しいはずです。
このときも”年季”と言葉が頭をよぎりました。わたくし、まだまだ修行が足りないですね。

"American Pie" by Don McLean, Live at BBC in 1972


5月は録画しそこねた大河ドラマをキャッチアップするべく、1ヶ月だけNHKオンデマンドを契約しようと思ってます。で、ついでに昔の大河ドラマはどれだけ見られるのかと調べてみたら…。
総集編だけのやつがある。1作だけのやつもある。時間があれば見たいと思っていた平将門のやつが総集編だけでした。うーむ。
posted by ねこまたぎ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | 更新情報をチェックする