どこまでオールスター、SoulSpell新作

SoulSpell Metal Operaの新作がいままでに増して豪華な陣立になっている。
Avantasiaファンの伯剌西爾人が始めて、オーディションやったりしてローカルに盛り上がっていて、このところおねいさんシンガーをフィーチャーしてカバー曲ばかり目立っていたプロジェクト、本家を凌駕せんばかりのラインナップで5年ぶりにアルバムを出すそうです。

作詞作曲はいつもどおりドラマーのHeleno Vale氏、明示的にプロデューサーとしてTito Falaschi氏。
ギターにキコさんとヤニくん参加。
ボーカルにマトスさん、ファビオさん、ラルフさん、コティペルト兄、ハートマンさん…。
まあ、その筋の人だったらこれだけでも買いでしょ。
あ、今回ユーリくんは出ていないんだ。

発売は5月25日だそうです。って、これは伯剌西爾での発売日かな。


posted by ねこまたぎ at 2017年03月24日 | Comment(0) | TrackBack(0) | Brazilian Metal

ゴミネタ:廉価版、とか

まだ喉がいまいちなねこまたぎです、こんばんわ。
微妙に痰がからむんです、花粉のせいみたいです。
でも歌う分にはあまり関係ないみたい。

はっぴょうかいのお衣装の件。
MyrathはメタルTシャツじゃなぁ、もっと民族衣裳っぽいやつないかなぁとネット検索してみるも、チュニジアの民族衣裳ってあんまり売ってないんだよね。売ってても高価だし、メタルっぽくないし。
で、しまむらで物色してきました。正しくは、しまむらと、しまむらよりもっとヤンキーで廉価な服を売っている店から探したんですが。
イメージした服はなかったのだけれど、まあ、この値段なら、と妥協してしまむら。
…はっぴょうかいが終わったら部屋着になりそうなやつを。 < ちょっ
posted by ねこまたぎ at 2017年03月18日 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話

雑多ネタ:カバー曲探しがおもしろー、とか

またなんか喉が不調なので、カラオケ諦めたねこまたぎです、こんばんわ。
まあ、二度寝したら昼になったからね、休めってことね。

で、たまっていたテレビ映画を見て、その感想をメモろうといたのですが。
最近使っているFilmarksにそのテレビ映画は登録されたなかったよ、記事書けないよ。
…まあ、いろいろ豪華な割にはいまいちっていう残念なやつなので、どーでもいいといえばいいのですが。

Myrathのカバーをロシア語でしている人がいました。

Merciless times - (Myrath russian cover by Sadira) - Безжалостное время


おもしれー。
挿入される映像は、どこぞのスパルタカス映画の何かのようです。
この曲、結構ボーカルカバーされていて、なんだろうと思ったら、インストバージョンを作ってアップしている人がいるのねん!
…その人、AngraとかSymphoney Xとかのインストバージョンもじゃんじゃんつくっているよっ。
世の中には奇特な人がいるもんだ。
posted by ねこまたぎ at 2017年03月05日 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話

雑多ネタ:喉の使いどころ、とか

喉が回復してないけど、カラオケにいってみた、ねこまたぎです、こんばんわ。
…普通に歌えました。使うところが違うんだ、きっと。
でも、デス声は咳が出てだめだった。使うところが違うんだ(^^;

放置していたfacebookページ、「使わないと消すぞ」連絡がきました。え? そんなお約束なんだ。
でも、近頃、ちゃんと録音してないから載せるネタないし。昔の記事に追記をしてみました。これで許してもらえるだろうか。

DAMの古いバージョンのほうのランキングバトル、過疎ってます。
月末なのにEmerald Sword三人とか、Carry On二人とか、そりゃないだろー。
世間はもうLive DAM Studium一辺倒なのだろうか。カラオケ館の禁煙の部屋にはそれが置いてないんだよー。 > ビッグエコーはヒトカラ割り増しだから行ってない

はぴょうかいのお衣装ですが、MyrathはTシャツでいいんだろうか。
ステージでキーボードの人が着ているようなチュニックはどこで手に入るんだろうか…。

"Get Your Freedom Back" by Myrath

posted by ねこまたぎ at 2017年02月25日 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話

雑多ネタ:メタルじゃない、とか

喉が痛くなって、花粉症だか風邪だかわからないねこまたぎです、こんばんわ。
今朝、熱っぽいかもと思って体温測ったら35℃台とか、意味不明です。
土曜にヒトカラに行こうと思っていたんだけどなー。治るかなぁ。

Battle Beastの新譜"Bringer Of Pain"、Painというわりにはポップな曲が増えてます。80年代っぽい。
結構聴きまくってて、ふと昔のアルバム聞いたら、

あ、ギターが地味になったんだ。

と気づきました。
そう思って新譜を聴くと、もう、ノーラ姐さんのボーカル抜いたらメタルじゃないかもっつーくらい(^^;
以前はメインのソングライターがギタリストだったけど、そのせいだけじゃないと思うな。
…真性メタルファンは怒っているかもしれない。いや、そもそもBattle Beastじゃぁ、怒らないか。
まあ、わたくしは80年代MTVも好きだったんで、イケますが。

さしあたって、タイトルトラック↓はメタルですが。

"Bringer Of Pain" by Battle Beast



Rhapsodyでの笛のおにいさん、Manuel Stropoli氏が本業のバロック音楽で来日公演だそうです。
アカデミア・デル・リチェルカーレという楽団です。

4月25日京都 (ローソンチケット
4月26日福岡。(チケットぴあ
アカデミア・デル・リチェルカーレ福岡公演 イタリアの旅‐バロックのフォリア

こっちには来ないのか?
そして、なぜ、ぴあとHMVと1件ずつしかチケット扱ってないんだろうか。
posted by ねこまたぎ at 2017年02月23日 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話